クラス・サポーター

クラス・サポーター(CS)

本取組では、AL型授業に対応できるクラス・サポーター(以下CS)を育成・雇用しています。CSは、担当科目において、AL型授業の円滑な運営のためにグループ学習やピア・ラーニングのファシリテートや助言、ICT機器操作の補助および資料の整理などの業務補助を科目担当教員の監督の下に行います。この取り組みは、AL型授業の効率化を図るとともに、CS 自身の学習深化にも繋げています。

クラス・サポーター(CS)の役割

クラス・サポーター(CS)は、授業がスムーズに行われるように受講生や先生のサポートをする先輩学生です。

授業中は見本となる先輩として、受講態度や臨む姿勢を示すとともに、自分自身の教え方や関わり方に気を配りながら、学習のサポートを行っています。しかし授業が終わると、受講生から一番身近な先輩として、学生生活の相談に乗ったりするなど、メリハリを持ってCSを行っています。
また、自分自身がCSを行う中で気付きや学びも多く、自分を成長させるきっかけにもなっています。

工学部 電子情報工学科
林田 裕平

CSとして活動する講義は、私自身も1年生の時に受けた講義なのですが、十分な知識を持ってCS業務にあたれるよう、学習内容の予習復習を毎回するようにしています。発表をしたり意見を交換したりするのが不得意な学生もいますが、苦手な事にも積極的に取り組み、その経験を自信に繋げることが出来るまでの過程をサポートしたいと思い、活動しています。私達と一緒に成長していきましょう。

情報工学部 システムマネジメント学科
古賀 菜摘

クラス・サポーターの育成プログラム

CS候補者は原則、事前研修「CS合宿」(1泊2日、2~3月実施)を受講します。「CS合宿」は、①ALとは何かについて理解する、②CSの仕事内容や求められる役割について理解する、③ファシリテーターとしての心構えを身につける、ことを目的に実施し、欠席者には研修内容を収録した授業アーカイブを視聴した上で臨むよう指導をしています。

PAGETOP