環境科学研究所│福岡工業大学 総合研究機構

  • Home
  • 総合研究機構
  • 産学連携推進室
  • エレクトロニクス研究所
  • 情報科学研究所
  • 環境科学研究所
  • お問い合わせ
HOME > 環境科学研究所 > 研究課題と研究員

研究課題と研究員

研究課題と研究員(平成24年度〜平成28年度)

平成28年度 若手・新任教員スタートアップ支援

研究代表者 研究部門 研  究  課  題
尹 諒重 准教授 社会環境 研究組織における創造性と効率性のバランス:研究人材に起因する要因

平成28年度 研究員

研究代表者 研究部門 研  究  課  題
森山 聡之 教授 自然環境 流域治水を実現する分散型市民多目的ダムの構築
岡裏 佳幸 教授 環境関連 北米の大学で学ぶ日本人・韓国人・中国人の英文ライティングに見られる文法知識の特徴
樋口 貴俊 助教 自然環境 軌道や速度が異なる飛翔球に対する熟練野球打者の認知プロセスと打撃動作の解析
楢崎 兼司 准教授 環境関連 認知機能改善に有効な運動条件に関する研究
このページのTOPへ

平成27年度 新任教員研究準備支援

研究代表者 研究部門 研  究  課  題
楢崎 兼司 准教授 自然環境 自転車エルゴメーターを用いた運動実験系の構築及び高齢者認知機能の改善に至適な運動条件の検討
田丸 靜香 准教授 自然環境 未利用資源を有効活用した加工食品の有用性(物性、嗜好性、機能性)に関する研究

平成27年度 研究員

研究代表者 研究部門 研  究  課  題
森山 聡之 教授 自然環境 雨水グリッドのためのセンサーネットワークとGISを活用した環境防災地域づくりに関する研究
藤井 洋次 准教授 環境関連 2010年以降における国際的再生資源貿易の構造変化に関する研究
岡裏 佳幸 准教授 環境関連 北米の大学で学ぶ日本人・韓国人・中国人の英文ライティングに見られる文法知識の特徴
大石 太郎 准教授 社会環境 食品情報に関する研究
宇田 和子 助教 社会環境 環境リスクに起因する病の社会学的研究
片岡 雅世 助教 社会環境 英米原状回復法理の法性決定問題に関する比較法的研究
このページのTOPへ

平成26年度 若手教員研究奨励支援

研究代表者 研究部門 研  究  課  題
松藤賢二郎 准教授 社会環境 DPCデータに基づく医療機関の戦略的経営に関する考察

平成26年度 研究員

研究代表者 研究部門 研  究  課  題
森山 聡之 教授 自然環境 マンマシンによるセンサーネットワークに関する研究
岡裏 佳幸 准教授 社会環境 北米の大学で学ぶ日本人・韓国人・中国人の英文ライティングに見られる文法知識の特徴
三田 肇 教授 自然環境 宇宙・原始地球環境におけるホモキラティーの発現と増幅
大石 太郎 助教 社会環境 輸入水産物における情報の非対称性が我が国の消費者行動に及ぼす影響の解明
片岡 雅世 助教 社会環境 在日外国人の労働環境に関する紛争解決についての複合的研究
桑原 順子 准教授 自然環境 生活に関連する色素の物理刺激による影響評価
このページのTOPへ

平成25・26年度 学際的(異分野連携)研究支援

研究代表者 研究部門 研  究  課  題
中川 智治 准教授 環境関連 海底資源開発を巡る国際法上の研究教育におけるGIS利用手法の萌芽的検討

平成25年度 研究員

研究代表者 研究部門 研  究  課  題
北山 幹人 教授 自然環境 固体触媒としてゼオライトを用いた促進酸化処理に関する研究
森山 聡之 教授 自然環境 雨水グリッドの構築とその応用
三田 肇 教授 自然環境 宇宙・原始地球環境におけるホモキラティーの発現と増幅
藤井 洋次 准教授 環境関連 東アジア地域における国際分業の拡大によるグローバルな再生資源循環の研究
このページのTOPへ

平成24年度 研究員

研究代表者 研究部門 研  究  課  題
西村 重雄 教授 社会環境 ローマ帝政後期抵当権法研究
森山 聡之 教授 自然環境 スマート雨水タンクと降水レーダを用いた防災情報システムの構築
呉 行正 教授 環境関連 植物体表面における物質輸送のビーム偏向・蛍光・吸光度リアルタイム計測法の開発
このページのTOPへ
このページのTOPへ