情報工学部情報システム工学科情報システム技術コース【JABEE対応】/情報システム設計コース

描くのは人とロボットの新時代

「ロボット」という言葉が誕生して、もうすぐ100年。産業だけでなく、人間の生活をサポートするロボットも次々に登場し、人間とロボットの距離はますます近くなってきています。情報技術とロボット制御、そして生体システムという3つの領域を学び、プログラミングから組込み、制御までトータルな開発力を身につける。この学科が目指すのは、「ロボットが暮らしに調和する社会」に向けて、機械と人間の架け橋となるエンジニアの育成です。

学習領域

学びのキーワード

  • ロボットシステム
  • 生体システム
  • 組込みシステム
  • スマホ・モバイル端末
  • スポーツ工学
  • プログラミング
  • 制御工学
  • 情報ネットワーク
  • 医用工学
  • 情報技術者論理

卒業後の進路

  • 機械システム技術者
  • 製造業情報部門技術者
  • エネルギー系研究・技術者
  • コンサルタントエンジニア
  • システムエンジニア
  • ネットワーク技術者
  • 品質管理者
  • メンテナンスエンジニア
  • プログラマ
  • アプリ・ソフト開発者

4年間の流れ

1年次

医療機器開発に 携わることが 将来の目標です。
木村 美咲子 さん (福岡県 宗像高校 出身)

最先端の医療機器について学べる徳安研究室の存在を知り、本科を志望。まず設備の充実度に驚きました。そんな恵まれた環境での学びは、とても面白く、以前は暗記していただけの公式も、定義にそって意味を考えるなど、学修に対する意識に変化が生まれました。物理シミュレーションを使った実験など、楽しみながら学修意欲を高めています。

情報技術者としての第一歩。
さまざまなスキルの
基本を身につける。

学びの基本となる数学・物理、そして情報技術の基礎をしっかりと学びます。また、情報技術者として必要な資質・素養であるチームコミュニケーションと問題解決のスキルを高め、さらに、機械システム・生体システムの概念、プログラミング技術を学ぶ中で、学生にとって大切な主体的に学ぶ姿勢を身につけます。

Pick Up 授業

情報物理実験

情報物理実験では、物理学シミュレーション、物理計測実験、マイコンプログラミング、ロボット設計に関する4テーマの実験を行います。講義で学んだ数学・物理学・プログラミングを活用した体験型の授業を通じて計画的な実務遂行能力やチームワークも身につけます。

続きを読む

2年次

レポート作成や プレゼンテーションなど 伝える力もアップ!
青柳 慧 さん (福岡県 新宮高校 出身)

1年次に比べ、学んだ知識や技術を発表する機会が増え、レポート作成力やプレゼン力など、考えを人に伝える力が身についたと思っています。ネットワークやプログラムを中心に学ぶ中で、ロボット技術に携わっていきたいという目標も生まれました。授業の学びが実習を通すことでより深く理解でき、体感として残るので忘れない。学びの深さを実感中です。

基礎学修から体験実習へ
プロセスを段階的に学修し
技術と知識を同時に身につける

情報システム工学科の学習領域である情報技術・ロボット制御・生体システムの基礎を学びます。講義で学んだ内容を実験や実習を通して体験することで、理論と実際を結びつけられるようになり、同時に、情報システムの設計から構築までのプロセスを、段階的に開発していくための知識と技術も身につきます。

Pick Up 授業

生体情報計測学

生命を維持するために、身体は血圧や体温の維持、血液の循環などの活動を絶えず行っています。体内での生命維持活動の原理を理解し、心電図や筋電図など生体情報の計測技術を学ぶことで、健康、福祉、運動支援、安全支援、及び医療に関する知的なシステムの創出を学びます。

続きを読む

3年次

生体医工学を学び 医療や介護の現場で 役立つものを 開発したい。
古賀 穂香 さん (福岡県 九州国際大学付属高校 出身)

生体の授業やシステムづくりに面白さを感じ、生体医工学にも興味が出てきました。昨年は「サイエンス・インカレ」に参加し、プレゼン力や文章力も向上。大勢の人の前で自分の研究結果を発表したことで、自信が生まれました。今後は、実験や分析、得た情報を解析する力を伸ばしていき、将来は医療や介護の現場で役立つ機器開発に携わりたいと思っています。

専門知識の応用力を高め
技術者としての
コミュニケーション能力を身につける

各分野の学修内容が基本から応用に発展し、コミュニケーション能力(工学的な表現力)も身につけていきます。PBL(プロジェクトベース学修)科目では、協調性と問題解決力を高め、技術者としての倫理を養います。3年次から研究室に配属され、指導教員に相談しながら自分に必要な科目を選択、履修することができます。

Pick Up 授業

組込みシステム

組込みシステムとは、スマートフォン・家電機器・自動車などコンピュータを組込んだ機器すべてを指します。授業では、回路の組上げやプログラミングを学び、オリジナルの組込みシステムを作製。電子産業を支える中心的な基盤であるこの技術を修得し、応用力や開発力を身につけます。

続きを読む

4年次

研究室のゼミ長や クラスサポーターの 経験で学び以外の 成長も。
田頭 祐希 さん (福岡県 春日高校 出身)

私は今、心理学とシステム工学を結びつけた「生体情報による色彩提示システム」という新しいテーマについて研究中です。基本情報技術者の資格取得も大事な経験になりました。さらに、研究室のゼミ長や、クラスサポーターを務めるなど、責任感やコミュニケーション能力も向上中。周りから頼られるエンジニアを目指して、これからも学修を続けていきます。

社会の課題解決に取り組み、
情報システム技術者の
プロフェッショナルをめざす。

4年間の学びを総結集して取り組む卒業研究では、情報化社会における課題に対してさまざまなテクノロジーを組み合わせてアプローチします。学生自ら解決に向けた研究手法を創意工夫し取り組むことで、課題を発見する力や解決する力、それを論理的に他者に伝えるための能力を身につけ、エンジニアとしての素養を高めます。

研究テーマ例

  • 森園研究室

    人間や生体とかかわるロボット研究

    人の運動を補助する着用型ロボットや生体の筋骨格系の特徴をロボット制御に活かす研究を行っています。

  • 作田研究室

    パズル・ゲームを題材とした人工知能分野の開発・研究

    パズルやゲームシステムの開発公開、人工知能技術で強いコンピュータプレーヤーを作る研究を行っています。

  • 松原研究室

    安全安心を実現するICTに関する開発・教育研究

    組込み機器の開発研究、安全安心を実現するプロジェクトマネジメントの教育研究などを行っています。

  • 山本研究室

    画像パターン認識に関する研究開発

    画像や動画像に映っている特定の対象パターンをコンピュータで認識する手法の研究・開発を行っています。

  • 山越研究室

    生体情報とヒューマンサポートテクノロジー

    先進的生体情報計測技術によって、簡便かつ日常的に健康・安全支援ができるような研究を行っています。

続きを読む

研究の現場から

自分の健康を、いつでも、手に取るように

李研究室

生体情報を計測する「ウェアラブル生体情報モニタシステム」

イヤホンなど日常利用するもので健康管理ができたら、どのくらい健康な人が増えるだろう。ここでは、意識することなく生体情報を計測できるシステムを構築している。身につけるだけで自分の体温や血管・血液情報まで手に取るように分かるのだ。近い将来、病院の診察前に症状が把握できるようになるのかもしれない。

木室研究室

ロボットが働きやすい・住みやすい
環境をつくる「環境情報構造化」

ロボットが動きやすい環境にする「環境情報構造化」を目指し、地理空間情報システム(GIS)と車いすロボットをベースに研究を進めています。写真は、ロボット化された測量装置との連携実験です。人と同じようにロボットにとっての日常環境がバリアフリー化できれば、ロボットのパフォーマンスも向上し、人とロボットとの安全・安心な共生社会が実現できます。

丸山研究室

量子力学を用いた理論的研究と
物性のシミュレーション

量子コンピュータにも現れる不思議な「量子もつれ」を解き明かす理論的研究や、グラフェンや水素吸蔵金属などの「物質の性質(物性)」を予測するシミュレーションを行っています。これらの研究に必要な学問が量子力学で、量子力学は次世代情報技術の主役になるかもしれません。

資格

正規科目と課外講座両面から幅広く情報系資格取得をサポート。

正規科目でMOSやITパスポート、基本情報技術者に対応した授業を実施し、
単位取得と資格取得を両立させやすいカリキュラム構成にしています。
また、情報工学部共同でCCNAやLPICなどの講座を時間外に開講し、レベルの高い資格取得もサポートしています。

取得できる教員免許状 高等学校教諭一種(数学、情報) / 中学校教諭一種(数学)
取得を支援している資格 ITパスポート / 基本情報技術者試験 / MOS(Microsoft Office Specialist) /
Webクリエイター能力認定試験 / LPIC(Linux Professional Institute Certification) / CCNA(Cisco Certified Network Associate)

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)
※上表の資格は2017年度実績であり、2018年度は変更になる場合があります。
※資格の教職免許については、再課程認定申請中です。ただし文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

就職

就職率 100%
(2018年3月卒業者実績)

  • 全卒業者…………………95
  • 就職希望者…………………87
  • 就職者…………………87
  • 大学院進学者数…………………8
【就職状況】

就職先一覧 過去3年実績一部抜粋

ゼンリン/九州旅客鉄道(JR九州)/九電工/富士ソフト/セブン-イレブン・ジャパン/日本郵便/NECソリューションイノベータ/サンレイズ/SCSK/テクノスクエア/リコージャパン/協和エクシオ/綜合警備保障/日本電設工業/アルファシステムズ/セントラル情報センター 他

内定者メッセージ

システムづくりの楽しさを実感。
積極的に自分を伝えることが大切。

宮原 舞 さん

情報工学部 情報システム工学科 4年 (福岡県 香椎高校)
内定先:株式会社ISIDインターテクノロジー

就職活動中は、綿密な自己分析を行うことで、多角的に自分を伝えることができました。組込みシステムの授業で、システム構築の楽しさ、モノづくりの面白さを感じたことがとても印象に残っています。本学で培ったさまざまな能力を活かしながら、システムエンジニアのキャリアを積み、プロジェクトマネージャーとして活躍するのが今の私の目標です。

「学びたい」「就職したい」という思いに
全力で応えてくれた大学に感謝です。

勝木 泉妃 さん

情報工学部 情報システム工学科 4年 (福岡県 宇美商業高校)
内定先:東芝メモリ株式会社

科目等履修生制度を利用して短大から大学へ編入。より深い学びを修得することができました。就職活動中は、先生方にアドバイスをいただきながら、研究に関する資料をまとめ、就職試験の際に堂々と発表することができました。就職先では画像処理で学んだプログラミングを活かし、AI技術の分野にも大きく貢献できるよう頑張りたいと思っています。

教員メッセージ

これからの社会をロボットで支える。

情報システム工学科 学科長 徳安 達士 教授

今後の少子高齢化社会では「ロボット(ICT融合型機器)が暮らしに調和する社会」を創る技術者は、より重要な人材となります。情報システム工学科では、これに関連する3つの専門領域「情報技術」「ロボット制御」「生体システム」を修得できます。知識と技術を活かせる人間力の成長を重視し、幅広い進路の選択が可能な教育を行っています。自ら学び自己研鑽できる環境を用意して、志のある学生のみなさんをお待ちしています。

※学生の学年表記は取材時のものです。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ