研究紹介TOPへ戻る

柔軟ホースとワイヤ駆動を用いた食事支援ロボット

分野
知能機械、機械システム
キーワード
ロボット、介護、ワイヤー駆動
工学部 知能機械工学科

教授 木野 仁

研究概要

 現在市販されている食事介護支援ロボットは、産業用ロボットと同様の構造であり、稼動アーム部分も硬く・重いものである。このような構造のロボットは、緊急時などでは極めて危険であり、威圧的である。
 そこで、本研究室では、柔軟ホースワイヤ駆動を用い、食事介護ロボットの開発を行っている。

利点・特徴
  • 可動部が柔軟性に富み、非金属材料を使用し安全
  • ワイヤ駆動により軽量化が容易で低コスト
応用分野
  • 食事支援ロボット

資料請求