研究紹介TOPへ戻る

生活支援ロボットの安心感:病院内見守り、生体計測機能

分野
知覚情報処理、知能ロボティクス
キーワード
ロボット、環境情報構造化、GIS、R-GIS
情報工学部 情報システム工学科

教授 木室 義彦

情報工学部 情報システム工学科

講師 松原 裕之

情報工学部 情報工学科

准教授 家永 貴史

研究概要

1.研究背景

 生活支援ロボットの導入が期待されているが、ロボットに対する安全、安心感が十分ではなく、 社会への導入が進んでいない。ロボットの安全性や利便性を高めると同時に、安心感を与えるロ ボット技術が求められている。

2.研究内容

 本研究では、生活支援ロボットとして、見守り機能を有する車いすロボットに着目し、ロボット 搭乗者の生体計測サービスや移動支援サービスを実現するためのセンサやロボット制御の各種要素技術を開発するとともに実証実験を進めている。

図1: 患者見守りシステムの概念
ロボット用地理空間情報システム(R-GIS)や無線運動・生体計測装置を用い、見守りサービスを実現

写真1:見守り車いすロボットデモ風景
左上:見守り車いすロボットに搭乗している被験者
右下:R-GISシステム画面と生体情報表示画面

3.プロジェクト実績

“コンセント型見守りサービスロボットの開発”,ロジカルプロダクト,九州大学,福岡工業大学,九州先端科学技術研究所,福岡県ロボット産業振興会議「ロボット技術実用化事業」2012.

参考文献

"快適な搭乗型ロボットの実現に向けた取り組み", 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会(SSI2014), SS14-6, 2014.

利点・特徴 患者の生体情報と現在位置を同時に収集し、医師や看護師などに提示することができる。
応用分野 人体を拘束しない生体計測装置と地図情報(GIS)を融合させる情報システム

資料請求