研究紹介TOPへ戻る

生体情報とドライバーサポートテクノロジー(1)

分野
生体情報計測工学
キーワード
居眠り運転、心臓血管系生理指標、ストレス
情報工学部 情報システム工学科

准教授 山越 健弘

研究概要

生体情報と居眠り運転による事故防止策

 居眠り運転は主要な交通事故要因である。従って、その兆候を運転中の生体情報から抽出したり[1]、眠気を覚ましたり[2]、運転中の眠気などによるストレスを緩和することができれば、とても有意義である。
 本研究室では、カラダを拘束することなく、眠い状態をスマートに検知したり(例えば、図1左部:顔面鼻部の皮膚温より)、眠気を緩和させる方法(例えば、図1中央右部:アクセル側の踵に20Hz振動刺激負荷[1]の効果を循環動態反応から検証)などを研究している。

図1:運転者に着目した居眠り運転防止イメージ

[1] T. Yamakoshi et al., A novel physiological index for Driver’s Activation State derived from simulated monotonous driving Studies, Transport Res C Emerg Technol, 17(1), 69-80, 2009.

[2] T. Yamakoshi et al., Cardiovascular Hemodynamic Effects of Red Bull® Energy Drink During Prolonged, Simulated, Monotonous Driving, SpringerPlus, 2(1), 215, 2013. (Highly Accessed Article)

[3] T. Yamakoshi et al., Controlled mechanical vibration applied to driver’s right heel to sustain alertness: Effects on cardiovascular behavior, Transport Res C Emerg Technol, 38, 101-109, 2014.

利点・特徴 運転者自身の生理状態に着目することによって、悲惨な交通事故を減らすことが可能である。
応用分野 乗り物産業全般

資料請求