学生メッセージFIT Dream Magazine

短大から大学へ編入し、Webエンジニアの道へ!

北園 祐奈さん

情報工学科 就職女子学生

「プログラミングを勉強したい」との思いで 進学した短大で、自分の夢を見つけた北園さん。


将来に生かせる知識と技術を身につけるため、 短大から大学への編入を決意。
さらに制作イベントなどへも積極的に参加しながら 着実に力をつけていった女子学生のストーリーを聞きました。

 

profile

情報工学部 情報工学科4年
(福岡工業大学短期大学部
情報メディア学科より編入)
北園 祐奈さん(長崎県鳴滝高校 出身)

柔らかい語り口の北園さん。自分たちで制作したアプリの話になると イキイキとした表情でしっかりと話をする姿が とても印象的でした。

仕事に活かせる専門知識を身につけたい!
その思いが大学編入への原動力に。

Q1.福工大短期大学部への進学を決めたきっかけは何ですか?

高校は普通科でしたが、プログラミングに興味があったので、情報系の短大進学を希望していました。
調べてみて、福工大短大は設備が充実していることを知り、実際にオープンキャンパスに参加してみることに。
オープンキャンパスでは、先生方とじっくり話をすることができたし、「女子カフェ」というイベントでは女子学生の先輩に、パンフレットやホームページではわからないいろいろな話を聞くことができて、とても参考になりました。

 

Q2.短大から大学への編入を希望した理由は?

最初は短大を卒業して就職しようと思っていました。でも、プロジェクト学習などでプログラミングを学んでいくにつれ、仕事として働けるレベルの専門的な知識を身につけたい!という思いが強くなり、1年次の後期から大学編入へ進路を変更しました。
幸い、必要な単位も入学当初から編入を希望している学生たちと同じくらい取得していたので、比較的スムーズに編入の道へ進むことができました。

編入を希望したのが1年の後期だったので、決めてからは編入支援室や自習室に通い試験対策のアドバイスをいただいたりしていたそう。

ゲーム作りの経験が
Webエンジニアへの夢を叶えた。

Q3.制作イベントへ参加して刺激になったことは?

授業でゲーム制作やプログラミングを学ぶ中で、他の人たちがどういったことをやっているのか、もっと知りたいと思いました。そこで他大学や企業の方と一緒にプログラミングやゲーム制作ができる*「大八耐」イベントのことを知り、早速1年次から参加させていただきました。
友人とチームを組んで自分たちで簡単なゲーム制作を行いましたが、短時間でのゲーム制作は初めてで、最初はなかなか計画通りにいかなくて……。
キャラクターを動かす所まではできたのですが、時間の経過につれてアクションを変えようとしたら思うように動かず、結局完成まで至りませんでした。ただ、この経験が、次は絶対成功させたい!という思いにつながりましたし、チームで力を合わせてやり遂げることの大切さなど、自分の中でも成長できたと実感できる経験でした。

*大八耐:「モノづくり」をテーマに年に一度福岡工業大学短期大学部で開催されるイベント。プロのクリエイターやエンジニア、IT企業が集って八時間制作を行う。

 

Q4.制作で大変だったことは何ですか?

最初に制作したのは小学校低学年を対象にしたスマホアプリゲームです。制作するにあたり、まず仲間と子供たちがどういったことに興味を示すのか考え、一つの端末を使ってコミュニケーションをとるような内容にしたいと思い、「人狼ゲーム」をアレンジしたゲームを開発することにしました。
小学生にもわかるゲームにするため、公園に行って小学校低学年ではどんな漢字を習うのか、どんな文字色フォントすると読み易いのかなどを調査して制作に臨みました。
結果、「ウソズキン」というどのキャラクターが嘘をついているかあてるゲームを作りあげ、GooglePlayにも公開しました。この経験を通してゲームをする人の生活背景や心理をしっかりと理解して作る、ということの難しさを知ることができました。

初めて作ったスマホアプリゲーム「ウソズキン」。子どもたちがみんなで楽しめるゲームを作りました。

 

Q5.大学に編入してどうでしたか?

短大と比べると自分が学びたいことについて、より専門的な知識を学べ、より深堀りできるなということ実感しました。
それに、短大の学びがあったからこそ、編入後も、授業内容などスムーズに理解することができたと思います。また、技術者として必要な考え方など多くのことを学ぶことができたのは、とても大きな経験でした。

 

Q6.短大・大学での学びは就職にも活かされましたか?

学んだプログラミングの技術を活かす道として、*バックエンドエンジニアを目指そうと考え、就職活動を進めました。いくつか会社を受ける中で、先ほどの大八耐の経験をお話すると皆さんとても興味を持ってくださり、私自身、自信を持ってアピールすることができました。最終的には「(株)ぐるなび」に内定を頂きました。残りの大学生活では、就職後即戦力となれるよう、できるだけスキルアップしていきたいと思います。

*バックエンドエンジニア:Webサイトの制作上、ユーザーが意識しないサーバーやデータベースなどサイト内部を担当するエンジニア

 

 

 

『伸ばせ 自分“力”』
FIT力2018






 

 

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。
※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。

学生メッセージ

在校生メッセージ

卒業生メッセージ

FIT力 磨け!自分”力”

GirlsStudio

資料請求