学生メッセージFIT Dream Magazine

とにかく研究が好き!な女子が大学院へ。1年後には国際学会で受賞!

佐世 美帆さん

生命環境科学科 研究資格女子学生

 

「生命の起源を探ってみたい!」
研究がしたくて進学した大学院で夢中になれる研究テーマに出会った佐世さん。

 

化学が好きだった女子高校生が国際学会で受賞するまでに成長した秘密について聞いてみました。

 

profile

大学院 工学研究科 修士課程生命環境科学専攻 1年
佐世 美帆さん
(福岡県 福翔高校 出身)

高校時代から化学の実験に興味があったという佐世さん。今でも周りが見えなくなるくらい研究に没頭してしまうのだとか。

 

一時は研究に没頭しすぎて大ピンチ!
猛勉強で、大学院進学&難関資格をクリア!!

Q1.福岡工業大学への進学を決めた理由は?

高校の先生が座学だけでなく色々な現物を見せてくれる先生で、その影響か、すごく化学が好きになったんです。そこで大学で本格的に化学を勉強したくて化学メインで他の国公立大学を受験したのですが、ダメだったんです。

 

その後、福工大の大学案内パンフレットを見た時に、4年間の具体的な学びのイメージが湧いてきて進学を決意しました。入学してみて、生命環境化学科は最も学びたかった化学に加えて環境学も学べますし、もともと環境系の勉強もしてみたかったので良かったなと思いました。

高校では物理を選択していなかったので、大学の専門的な学びについていけるか不安でしたが、1年生の時に「基礎物理」という授業があり、一から教えてもらえたので、助かりました。

 

Q2.なぜ、大学院へ進学しようと思ったのですか?

高校の頃から大学院へのあこがれはあって、推薦枠に入れたら大学院に進学したいと考えていましたが、「もっと研究をしてみたい」、と研究することそのものに興味を持ったのは二つの出来事があったからです。

ひとつは学科の授業で一年生の後期に履修した、アドバンス科目。グループで半年をかけ研究テーマを決め、計画を立てて2年生の1年間で実験を行います。
この時は生体高分子ゲルのアクチュエーターを作り電気を流して動かしたのですが、なかなか計画通りには進まず試行錯誤を繰り返しました。

そして授業ではないのですが、BIOMODというDNAを使った国際的な競技会にむけた、学科の先輩たちの実験を手伝う機会があり、実験の手伝いや発表に向けた資料づくり、研究内容紹介のWEBページ作成などに携わりました。この実験や先輩たちとのディスカッションが楽しくて、テスト勉強が疎かになるほど研究に熱中しました。

このふたつの出来事はどちらも研究の内容は違っても、研究の中で行う試行錯誤や発見、その楽しさを教えてくれました。その後2年生、3年生では大学院への進学を真剣に考えはじめ、危機感を持って勉強に励み、大学院進学の推薦枠を貰うことができました。

作成に携わった、BIOMODの学会での採点項目のひとつでもあった研究内容の紹介ページ

 

Q3.大学4年で、難関といわれる資格試験に合格したそうですね。

はい。「水質関係第一種公害防止管理者」という、工場排水や地下浸透水の汚染状態の測定・管理をするために必要とされる資格です。学科の授業で先生に「この資格を取ってみたら?」と勧められたことがきっかけで受験しました。試験の内容が大学の授業の内容と似ているのも、やってみようという気持ちになった理由のひとつです。

とても難しい試験で、実務経験もない中、勉強を続けて3度目の挑戦で必要な5科目すべてに合格し、資格を取得しました。

 

夢中で取り組んだ研究が
国際学会で最優秀学生ポスター賞を受賞!

Q4.大学院ではどのような研究をしているのですか?

アミノ酸前駆体から合成されたアミノ酸重合体の構造解析を行っています。
簡単に言うと、生命の起源を分子レベルで解明する研究、と言ったらいいでしょうか。生物の体を構成しているタンパク質はアミノ酸がたくさんつながってできた(高分子化した)ものなのですが、それらがつながるためには光や熱などのエネルギーが必要だっただろうと考えられます。
私の場合はその中で「熱」に着目し、原始の地球という特殊な環境、隕石の衝突や火山活動、高温の大気の中で熱がアミノ酸前駆体に加わってどう高分子化するのかをさまざまな形で解析・実証する実験をしています。

予測を立てて解析を行うのですが、結果はやってみないと分からないですし、古くからある研究内容でも新しい機械を使って分析することで新しい結果が出たりと、自分がその分野を切り拓き、貢献できていると思うとやりがいを感じますね。

高度な研究機器を集めた「エレクトロニクス研究所計測センター」。国内有数の高性能分析機器を使用して研究を進めます。

 

Q5.この研究内容が国際学会で評価されたとか?

はい。ホノルルで開催された「アジア・オセアニア地球科学会」の生物地球科学部門で、最優秀学生ポスター賞を受賞しました。
この時は英語での質疑応答が不安だったので、国際戦略室のネイティブスタッフに発音の練習や論文の添削など、いろいろと協力していただきました。初めは聞き取るのが難しかった英会話もプライベートレッスンを受け、何度も練習を重ねることで、本番は自信をもって英語で対応することができました。
今後もさらに研究を深めて、生命の起源の解明に一歩でも近づけたらいいなと考えています。

(2018年取材)

約3,500名が参加した第15回アジア・オセアニア地球科学会。研究内容が高く評価され、生物地球科学部門で「Best Student Poster Award」を受賞しました。

 

 

『伸ばせ 自分“力”』
FIT力2018






 


 

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。
※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。

学生メッセージ

在校生メッセージ

卒業生メッセージ

FIT力 磨け!自分”力”

GirlsStudio

資料請求