新着情報ここに未来へのヒントがある! ビジネスシヨウ&エコフェア2015に3研究室が出展

トピックス

『ビジネスショウ&エコフェア2015 Next Stage in KYUSHU』へ福工大から下記の3研究室が出展しました。

フラッター水力発電装置の開発

工学部 知能機械工学科 阿比留 久徳研究室
◆キーワード: マイクロ水力発電、 フラッター現象、 農業用電力
◆応用分野: 農業用電力の供給

有機的未利用資源の環境材料及び生体材料への展開

工学部 生命環境科学科 桑原 順子研究室
◆キーワード: 環境材料、医用材料、 抗菌活性、界面活性剤、 廃竹材
◆応用分野: 工業廃水、農業排水など 水質浄化のための環境材料、食品及び化粧品、医薬品向けの生体適応材料など

精錬技術を用いた廃棄物の 無害化及び資源化

工学部 生命環境科学科 久保 裕也研究室
◆キーワード: 廃棄物、磁気分離、 資源、スラグ、ダスト、 レアメタル
◆応用分野: 廃棄物からの資源回収、 未利用資源の活用、 プロセスの効率化

総合研究機構では学内研究のPRもしくは地元企業との連携促進等を目的に、地元地域で開催される各種の展示会への出展を行っています。2015年6月17-18日に開催されたビジネスシヨウ&エコフェア2015(2つのフェアを同時開催)においては、学内研究の中から3件の環境問題に関連した研究を抜粋し、エコフェアでの出展を行いました。

本フェアは産官学の連携による低炭素社会や新しいエネルギー社会の実現を目指すもので、同時に開催されるビジネスシヨウがテーマとするIT関連技術と共に、出展団体の技術、製品、サービスなどが一堂に展示されます。期間中18,610名の来場者(主催者側公式集計)があり、本学ブースにも多くの来訪者がありました。

本学のブースを訪れた方々からは、「現在達成されている効率はどのくらいか?」「他の方式に対する利点は?」「市販化の見通しはいつ頃か?」などの具体的な質問の他に、「初めてこのような方式を見た」「再生可能エネルギーを増やすために是非進めてほしい」と言ったご意見も合わせて頂きました。 また、本学卒業生のブースへの来訪も多くあり、現在母校で行われている様々な研究について興味深く聞く姿も見られました。

今後もこのような展示会やシーズ発表の場を活用し、研究成果が幅広く地域の産業に役立てられるようにPRに努める予定です。 (報告者:総合研究機構産学連携推進室 大野)
 

▲パネルの説明や動画を熱心に見る来訪者
▲来訪者とスタッフの意見交換

本学の研究への取り組みについて

→総合研究機構
→産学連携推進活動
→研究紹介動画

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

資料請求