新着情報ネパール地震被災によりネパール人留学生へお見舞金を支給

トピックス

▲下村 輝夫学長と実家が被災した短期大学部ビジネス情報学科 アイシン タマンさん

去る4月25日、5月12日にネパール連邦共和国において、マグニチュード7クラスの地震が連続して発生し、本学短期大学部ビジネス情報学科2年に在籍のネパール人留学生 アイシン タマンさんの実家が全壊するという痛ましい惨状の報告を受け、このたび本学ではお見舞金を支給することになりました。
大学は、全学的にネパール連邦共和国の早期復興を願い、4月30日より救援金活動を開始しており、5月31日に実施された 「インターナショナルスポーツフェスティバル2015」においても開会式の席上大地震で甚大な被害を受けたネパールの留学生が被災状況を訴え、復興支援の募金への協力を呼び掛け、参加者の皆さまより温かいご支援を頂きました。 また、学生有志によるJR福工大前駅構内での募金活動も積極的に行われています。
加えて、アイシン タマンさんの家計状況を踏まえ、法人規程や前例に照らし検討したうえで、お見舞い金10万円(全焼・全壊) を限度として支給する旨、決定致しました。
そして、7月7日学長室において、学生課桑原学生部事務次長、本行短期大学部事務長出席のもと、下村学長よりアイシン タマンさんへ直接お見舞金が渡されました。
アイシン タマンさんは「有り難くお受けします。このようなお見舞いをいただき感謝しています。」と心境を語ってくれました。
ネパール連邦共和国の一日も早い復興を切に願ってやみません。(学生課 加来野)

※ネパール地震
今年の4月25日にネパールで起きたマグニチュード(M)7.8の大地震。ネパール政府は続いて起きた5月12日の地震により死者が計8583人になったと発表した。同国の地震の被害としては、過去最悪の犠牲者数を記録した。
4月の地震では、家屋50万戸以上が損壊。5月の地震は、復興作業が始まったばかりの被災地を直撃した。

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

資料請求