新着情報福岡都市圏大学合同[面接対策ワークショップ]第2弾を開催しました!

トピックス

11大学の学生が参加して模擬グループ面接に挑みました!

■平成28年2月20日(土)13:00-16:30
■福岡工業大学 本部棟1階 カルサイト、FITホール2階セミナー室
■講師:(株)マイナビ九州支社キャリアサポート課より4名、就職課より今村係員、池田係員
平成29年度採用に向けた就職活動解禁まで10日を切った2月20日(土)、福岡県内外の11大学から学部生、院生27名が参加して、実践形式の模擬“グループ面接”に臨みました。前回のグループディスカッションから引き続き参加した学生も、今回初参加の学生も、それぞれ緊張した面持ちでカルサイトR2に集合。セミナー開始前から本番さながらの熱気が伝わってきました。そのような雰囲気の中、今回も(株)マイナビ九州支社の小田課長の指導のもと、13時からのガイダンス、進行説明に続き、13時30分から5会場同時にグループ面接がスタート。

◇開始直前のガイダンス

◇面接官は就職課の池田係員

面接は、(株)マイナビから3人、福工大就職課から今村係員、池田係員の2人に協力いただき、5名の面接官が評価を行い、参加者は異なる面接官から2回の指導を受けることとなりました。20分の面接、15分の総評、そして他者の面接の様子を観察しピアレヴューを行うことを繰りかえすうちに、最初は言葉に詰まって何も話せなかった学生も、2回目の面接では与えられた時間をフルに使って表現できるようになるなど、短時間の間にウィークポイントを克服する姿に学生達の意気込みが感じられます。
面接終了後の振り返りでは5人の面接官から総評が述べられ、参加者全員真剣な表情で受け止めていました。そのなかで特に印象に残ったコメントを2点紹介します。

【1】まだまだ自己分析が足りない。今ならまだ時間があるのでもっと深く掘り下げて自分自身に向き合ってください。
その際、自分のエピソードを羅列するだけではダメ。なぜそうしたのか、それによって自分がどう感じたのか、どのように成長できたのかなど、エピソードの背景についても話せるようにしておいてください。

◇学生に振り返りの講評を行う今村係員

◇他大学の学生と感想を述べ合う女子学生

【2】自己紹介の時に一方的に話しすぎる傾向にあったのが気になりました。
ポイントを押さえながら完結に説明することが大切。
面接官は興味を持った内容についてはいろいろと質問してくるので、グループ面接では面接官とのやり取りがスムーズにできるよう、本番までに何回か練習しておいてください。

今回参加した27名の皆さん、3月からの就職活動では、セミナーで培った経験を糧にしながら内定獲得に向けて頑張ってください。福工大は全力を挙げて皆さんを支援していきます!
(大学・地域連携推進室)

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

 

資料請求