新着情報SPAJAM福岡予選 福岡工業大学短期大学部チーム「VOID」が最優秀賞を受賞!

トピックス

SPAJAM(smartphone app jam)とは「温泉でハッカソン」を合言葉に、これからのモバイルコンテンツ業界にイノベーションを起こすことが期待されるネクストクリエイターを想定して、スキルを向上するための競技(ハッカソン形式)と交流の場を提供する大会です。

全国6地域9会場で開催する予選において、最優秀賞を受賞した各1チーム、優秀賞を受賞したチームの中から実行委員会によって選出される最大2チーム、学生枠として予選に出場した全ての学生チームから実行委員会によって選出される1チーム、合計12チームが本選に出場することができます。

そのSPAJAM2016福岡予選大会が6/4(土)~5(日)にかけて実施されました。

SPAJAM ホームページの写真を使用しています。

福岡工業大学短期大学部の弘中研究室でゲーム制作を行っている短大生と卒業生(福工大情報工学科3年)4人のチーム「VOID」が出場、企業チームもいる強豪の中で、最優秀賞に輝き、見事本選への出場権を獲得いたしました。おめでとうございます。本選は7月2日(土)~3日(日)ホテル ヘリテイジ 四季の湯温泉(埼玉)で行われます。

写真左からー伊藤 雄二朗(情報メディア2年―宇美商高出身)、山戸 幸弥(情報メディア2年―五島海陽高出身) 松江 飛雄馬(福工大情報工学部 情報工学科3年―東鷹高出身・短大からの編入学生)、隅倉 直人(情報メディア2年―三池工高出身)

SPAJAM ホームページ 福岡予選の写真を使用しています。

 

受賞アプリ名 One Day of Monk

アプリの内容︓訪日外国人が日本のお寺を観光した際、お坊さんの日々の仕事についてより理解を深めるため、ミニゲームを通じて体験し学んでもらうアプリを開発。スマートフォンの基本動作となるタップ、スワイプ、ジャイロセンサーを巧みに使い、「落ち葉掃除」、「お祓い」、「座禅」をミニゲームとして再現しました。チームメンバーみずからの声で外国人特有の“片言の日本語”を再現しゲームに取り入れるユニークさと、3つのミニゲームを開発した実装力が高く評価され最優秀賞の受賞となりました。

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

 

お問合せ

福岡工業大学短期大学部 短大事務室
TEL:092-606-0710(直通)
◆短期大学部事務室お問合せフォーム

 

 

 

資料請求