福岡工業大学 研究者情報
print
氏名(ふりがな): 永田 純一(ながた じゅんいち)
永田純一
所属: 工学部
生命環境化学科

工学研究科 修士課程
生命環境科学専攻
職位: 教授  
最終更新日: 2015/03/30
項目 内容
研究分野 食品科学
研究テーマ 食品および天然物成分の機能性評価
研究キーワード 食品成分、食品素材、機能性


学術論文関連項目

最終更新日 2017/11/15
業績年度 1990 - 2018
学術著書 合計件数12
1
健康食品におけるカルニチンの基礎 ー測定、生化学、生理学的役割についてー
生物試料分析  35 4 275-280  2012/9
2
トランス脂肪酸について知る-最新の事情・動向
臨床栄養  117 1 91-96  2011/7
3
トランス脂肪酸の国内外における規制状況
生物と化学  46 10 672-673  2008
4
特定健康診査および特定保健指導と特定保健用食品の役割
食品加工と包装技術  471 7 21-26  2008
5
トランス脂肪酸に関する最近の話題
ソフト・ドリンク技術資料  154 1 101-117  2008
6
必須脂肪酸、エイコサペンタエン酸(EPA)・ドコサヘキサエン酸(DHA)、トランス脂肪酸(292-7)、酸敗
100歳まで元気人生!「病気予防」百科    942-943  2007/10
7
「いわゆる健康食品」の有効性と健康への影響 ②ウコン
臨床栄養  108 2 182-185  2006
8
ジアシルグリセロールとは
健康・栄養 知っておきたい基礎知識    64  2003/8
9
健康食品の功罪
健康・栄養 知っておきたい基礎知識    30  2003/8
10
「特定保健用食品」の上手な活用法③ 食後の血中の中性脂肪を抑える食品
毎日ライフ 機能性食品のすべて    36-40  2002/4
11
食物線維と粥状硬化症
粥状硬化症学序説    124-129  1998
12
トコトリエノールと脂質代謝
ビタミンE研究の進歩 (I)      1990
Page Top
最終更新日 2015/03/30
業績年度 1990 - 2018
教科書 合計件数3
1
新版 現代の栄養化学(第2版)
三共出版  2015/3
2
食品衛生検査指針 [理化学編]
社団法人 日本食品衛生協会  2005
3
健康・栄養食品アドバイサリースタッフ・テキストブック
第一出版  2003/7
Page Top
最終更新日 2017/12/19
業績年度 1990 - 2018
査読付論文 合計件数41
1
Effects of medium chain triacylglycerol on pathological condition and energy bioavailability in streptozotocin-induced diabetic rats.
J Oleo Sci  67 4   2018
2
Inhibitory effects on histamine release of traditional Okinawa vegetable methanol extracts and their primary constituents from human basophilic KU812 cells.
Food Sci. Technol. Res.  24 2 321-327  2018/3
3
Mineral determination and anti-LDL oxidation activity of sweet potato (Ipomoea batatas L.) leaves
Journal of Food Composition and Analysis  29 2 117-125  2013/3
4
沖縄産カンショ茎葉の一酸化窒素 ラジカル消去作用
日本食品科学工学会誌  59 6 295-300  2012/6
5
Effect of exercise intensity and AICAR on isoform-specific expressions of murine skeletal muscle PGC-1{alpha} mRNA: a role of {beta}2-adrenergic receptor activation.
Am. J. Physiol. Endocrinol. Metab.  300 2 E341-E349  2011
6
Effects of simultaneous intakes of soybean protein and diacylglycerol on lipid profiles and body fat accumulation in rats.
Biosci. Biotechnol. Biochem.  73 6 1328-1332  2009
7
Foods with Health Claims in Japan.
Food Sci. Technol. Res.  14 6 519-524  2008
8
Health Claim Evidence Requirements in Japan.
J. Nutr.  138  1192S-1198S  2008
9
Improved Analytical Precision of 1,4-Dihydroxy-2-naphthoic Acid by High Performance Liquid Chromatography Using Dithiothreitol as a Mobile Phase Additive.
Food Sci. Technol. Res.  14 5 509-512  2008
10
トランス脂肪酸に関する最近の話題-国際的な動向と国内の現状について
日本食生活学会誌  18 3 211-215  2008
11
Effects of dietary Angelica keiskei on serum and liver lipid profiles, and body fat accumulations in rats.
J. Nutr. Sci. Vitaminol.  53 2 133-137  2007
12
トランス脂肪酸に関する最近の話題-トランス脂肪酸過剰摂取に対する欧米諸国の対応と日本の現状について
栄養学雑誌  64 2 69-76  2006
13
Selective protection of curcumin against carbon tetrachloride-induced inactivation of hepatic cytochrome P450 isozymes in rats.
Life Sci.  78  2188-2189  2006
14
Effects of simultaneous intakes of indigestible dextrin and diacylglycerol on lipid profiles in rats fed cholesterol diets.
Nutrition  22  395-400  2006
15
Evaluation of the correlation between amount of curcumin intake and its physiological effects in rats.
Food Sci. Tech. Res.  11 2 157-160  2005
16
High dose of Garcinia cambogia is effective in suppressing fat accumulation in developing male Zuker obese rats, but highly toxic to the testis.
Food and Chemical Toxicology  43  411-419  2005
17
Primary Aminophospholipids in the External Layer of Liposomes Protect Their Component Polyunsaturated Fatty Acids from 2, 2'- Azobis- (2-amidinopropane) dihydrochloride-Mediated Lipid Peroxidation.
J. Agric. Food Chem.  53  750-758  2005
18
Effects of structured lipids containing eicosapentaenoic or docosahexaenoic acid and caprylic acid on serum and liver lipid profiles in rats.
Biofactors  22  157-160  2004
19
Efflux of Sphingoid Bases by P-Glycoprotein in Human Intestinal Caco-2 Cells.
Biosci. Biotechnol. Biochem.  68 12 2942-2947  2004
20
Digestion of Maize Sphingolipids in Rats and Uptake of Sphingadienine by Caco-2 Cells.
J. Nutr.  133  2777-2782  2003
21
Effects of highly purified structured lipids containing medium-chain fatty acids and linoleic acid on lipid profiles in rats.
Biosci. Biotechnol. Biochem.  67 9 1937-1943  2003
22
仁王シメジおよびヒメマツタケ抽出粗多糖の担癌マウスに対する抗腫瘍効果および腹腔マクロファージによるNO産生に及ぼす影響
日本食品科学工学会  48 12 939-942  2001
23
Effects of water-soluble hemicellulose from soybean hull on serum antibody levels and activation of macrophages in rats.
J. Agric. Food Chem.  49 10 4965-4970  2001
24
Thymic epithelial cells responsible for the impaired generation of NK-T thymocytes in a lymphoplasia mutant mice.
Cellular Immunology  206  26-35  2000
25
Apoprotein A-I of Japanese quail: cDNA Sequence and modulation of Tissue Expression by Cholesterol Feeding.
Biosci. Biotech. Biochem.  61 2 286-290  1997
26
Lipoprotein and apoprotein profiles of Hyperlipidemic Atherosclerosis-prone Japanese quail.
J. Nutr. Sci. Vitaminol.  43 1 47-57  1997
27
Effect of Dietary Cholesterol on the Activities of Key Enzymes of Cholesterol Metabolism in Hyperlipidemia and Atherosclerosis-Prone Japanese Quail.
J. Nutr. Sci. Vitaminol.  42 4 287-300  1996
28
Age-related changes in branched-chain fatty acid concentration of the skin surface lipid from hairless mouse.
Comp. Biochem. Physiol.  114B 1 103-106  1996
29
Accumulation of 1-O-Alkyl-2,3-diacylglyceiols in cultured rat keratinocytes.
Biochim Biophys Acta  1300  35-41  1996
30
Selective Use of L-Valine and L-Isoleucine for the Biosynthesis of Branched-chain Fatty Acids in Rat Skin.
Biosci. Biotech. Biochem.  59 5 891-895  1995
31
大豆由来高食物繊維素材の物理的特性とラット脂質代謝へ及ぼす影響
日本栄養・食糧学会誌  48 2 133-139  1995
32
1-O-Alkyl-2,3-diacylglyceiols in the Skin Surface Lipids of the Hairless mouse.
Lipids  30 2 169-172  1995
33
食用油脂類のウズラ粥状動脈硬化惹起性の主成分分析法による評価
日本栄養・食糧学会誌  47 5 401-405  1994
34
Precursor role of branched-chain amino acids in the biosynthesis of iso and anteiso fatty acids in rat skin.
Biochim Biophys Acta  1214  279-287  1994
35
Serum-Free Culture of Rat Keratinocytes.
In Vitro Cell. Dev. Biol.  30A  496-503  1994
36
Fatty acid and lipid composition in vitro and in vivo of rat epidermis
Comp. Biochem. Physiol.  105B 2 293-299  1993
37
Chain Structure and Composition on Fatty Alcohol in the Monoester Fraction on Rat Skin Surface Lipid.
Biosci. Biotech. Biochem  57 9 1563-1565  1993
38
Lipoprotein and apoprotein profile of Japanese quail.
Biochim Biophys Acta  1167 1 22-28  1993
39
Age-Related Changes of the Branched-Chain Fatty Acid Concentration in Rat Skin Surface Lipid.
Comp. Biochem. Physiol.  102B 2 357-362  1992
40
Lymphatic Absorption of Structured Glycerolipids Containing Medium-Chain Fatty Acids and Linoleic Acid , And Their Effect on Cholesterol Absorption in Rats.
Lipids  26 5 369-373  1991
41
Effects of Dietary Oil and Tocotrienol Concentrate on Plasma Lipid, Eicosanoid Productions and Tissue Fatty Acid Composition in Rats.
Agric. Biol. Chem.  54 4 965-972  1990
Page Top
最終更新日 2012/05/28
業績年度 1990 - 2018
国際学会論文 合計件数11
1
Terminalia bellirica improves serum triglyceride concentration and some kinds of biochemical parameters in mice.
XI Asian Congress of Nutrition      2011/7
2
In vivo and in vitro studies on physiological functions of Ashitaba (Angelica Keiskei) and their extracts.
Pacifichem 2010      2010/12
3
Effects of Ashitaba (Angelica keiskei) extracts on lipid accumulations and gene expressions related to the lipid metabolism in cultured rat adipocytes.
ICN 2009      2009/10
4
Effects of Simultaneous Intake of Soybean Protein and Diacylglycerol on Lipid Profiles and Body Fat Accumulation in Rats and Mice.
38th UJNR Food and Agriculture Panel Meeting      2009/10
5
Effects of Structured Lipids containing n-3 PUFA and Caprylic Acid on Lipid Profiles and Lymphatic Absorption of Rats.
100th American Oil Chemists' Society Annual Meeting      2009/5
6
Foods with Health Claims in Japan
37th UJNR Food and Agriculture Panel Meeting      2008/8
7
Effects of Structured lipids Containing Linoleic Acid, EPA or DHA and Medium-Chain Fatty Acids on Lipid Profiles in Rats
99th AOCS Annual Meeting Symposium      2008/5
8
Effects of combination of some functional food components on lipid profiles in rats.
ICoFF 2007      2007/11
9
Effects of structured lipids (SLs) containing eicosapentaenoic (E) or docosahexaenoic (D) acid and caprylic acid (8) on lipid profiles in rats fed cholesterol diets and oxidative stability of SLs in vitro.
10th Asian Congress of Nutrition 2007      2007/9
10
Physiological effects and safety of simultaneous intakes of functional food ingredients in rats and humans.
34th UJNR Food and Agriculture Panel Meeting      2005/10
11
Effects of Structured Lipids Containing Eicosapentaenoic or Docosahexaenoic Acid and Caprylic Acid on Serum and Liver Lipid Profiles in Rats
ICOFF 2003      2003/12
Page Top
最終更新日 2012/05/28
業績年度 1990 - 2018
学会発表 合計件数42
1
体脂肪低減をもたらす機能性食品素材の摂取が成長期マウス骨密度に及ぼす影響
第57回日本栄養改善学会      2010/9
2
β-コングリシニンと中鎖脂肪酸を含む食用油の併用摂取がマウスの体脂肪および脂質代謝に及ぼす影響
第64回日本栄養・食糧学会      2010/5
3
特定保健用食品の健康(強調)表示について
日本食品免疫学会      2009/11
4
ラット脂肪前駆細胞における明日葉抽出物の脂肪蓄積に対する影響
第63回日本栄養・食糧学会      2009/5
5
マウス体脂肪蓄積および脂質代謝関連遺伝子に及ぼす大豆タンパク質とジアシルグリセロール併用摂取の影響
第63回日本栄養・食糧学会      2009/5
6
沖縄産カンショ(Ipomoea batatas L.)茎葉の抗酸化活性に関する研究
日本薬学会第129年会      2009/3
7
日本人におけるトランス型脂肪酸摂取のとらえ方 -トランス脂肪酸問題にどう取り組むべきか
第30回日本臨床栄養学会・第29回日本臨床栄養協会第6回大連合大会      2008/10
8
トランス脂肪酸の問題と対応 -トランス脂肪酸問題にどう取り組むべきか-
国際栄養士会議      2008/9
9
特定保健用食品許可状況と安全・安心の考え方
日本栄養食糧学会九州・沖縄支部主催公開講演会      2008/6
10
脂質栄養をめぐる今日的話題-トランス酸の国際的な動向と国内の現状について
第62回日本栄養・食糧学会      2008/5
11
特定保健用食品の役割と品質保証 –クロマトグラフィーによる関与成分の定量法の重要性
第18回クロマトグラフィー科学会議      2007/11
12
トランス脂肪酸に関する最近の話題
日本食生活学会      2007/9
13
脂肪前駆細胞における明日葉抽出物の脂肪蓄積に対する影響と明日葉摂取によるラット脂質濃度および体脂肪蓄積へ及ぼす影響
第11回日本フードファクター学会(JSoFF)      2006/11
14
ジアシルグリセロールおよび茶カテキン併用摂取のラット体脂肪量および脂質代謝に及ぼす影響
第60回日本栄養・食糧学会総会      2006/5
15
難消化性デキストリンとジアシルグリセロールの併用摂取がコレステロール食投与ラットの脂質プロフィールに及ぼす影響
第10回日本フードファクター学会(JSoFF)      2005/11
16
保健機能食品許認可のシステムと最新の情報について
三重メディカルバレー研究会      2005/6
17
ジあるいはトリアシルグリセロールおよびグロビン蛋白分解物併用摂取のラット脂質代謝に及ぼす影響
第59回日本栄養・食糧学会総会      2005/5
18
生活習慣病改善効果が期待される機能性構造油脂
日本未病システム学会      2004/10
19
四塩化炭素投与ラットの肝障害と肝薬物代謝酵素チトクロームP450活性低下に対するクルクミンの改善効果
第58回日本栄養・食糧学会総会      2004/5
20
EPAあるいはDHAとカプリン酸を含む構造油脂のラット血清・肝臓脂質濃度及び体脂肪蓄積へ及ぼす影響
第58回日本栄養・食糧学会総会      2004/5
21
保健機能食品許認可の仕組みと現状について
三重メディカルバレー研究会      2003/10
22
ダイエット素材ガルシニア(ヒドロキシクエン酸)のZucker肥満ラットでの体脂肪蓄積性への影響の検討
第57回日本栄養・食糧学会総会      2003/5
23
大豆たんぱく質およびジアシルグリセロール組合せ摂取のラット血清・肝臓脂質濃度および体脂肪蓄積に及ぼす影響
第57回日本栄養・食糧学会総会      2003/5
24
ラット脂肪前駆細胞におけるn-3系脂肪酸の脂肪蓄積およびアディポサイトカイン産生へ及ぼす影響
第56回日本栄養・食糧学会総会      2002/7
25
亜熱帯植生キノコ抽出多糖の抗原提示細胞に及ぼす影響および抗腫瘍効果に関する研究
第17回南方資源利用技術研究会      2000/12
26
大豆皮ヘミセルロースの抗腫瘍効果およびマウス抗体産生と抗原提示細胞へ及ぼす影響
第30回日本免疫学会総会・学術集会      2000/11
27
骨髄由来細胞は動脈硬化病巣進展を規定する−apoEノックアウト骨髄キメラマウスを用いた検討
第29回日本免疫学会総会・学術集会      1999/12
28
大豆皮由来ヘミセルロースのラット抗体産生と抗原提示細胞へ及ぼす影響
第29回日本免疫学会総会・学術集会      1999/12
29
大豆外皮由来多糖のラット免疫能に及ぼす影響
平成10年度第52回日本栄養・食糧学会西日本支部大会      1998/11
30
動脈硬化易発症ウズラのLCATおよびCETP活性に及ぼす食餌コレステロールの影響
第52回 日本栄養・食糧学会総会      1998/4
31
ラット培養表皮細胞におけるアルキルジアシルグリセロール(ADAG)の蓄積
日本農芸化学会1996年度大会      1996/3
32
動脈硬化易発症ウズラのリポタンパク質プロフィールとLCAT活性
日本農芸化学会1996年度大会      1996/3
33
日本ウズラのアポA-I遺伝子の構造と発現
平成7年度第49回日本栄養・食糧学会西日本支部大会      1995/10
34
動脈硬化易発症ウズラの血清脂質濃度と肝臓Cholesterol 7α-hydroxylase活性の相関性
平成7年度第49回日本栄養・食糧学会西日本支部大会      1995/10
35
大豆由来高食物繊維素材のラット脂質代謝に及ぼす影響
平成6年度第48回日本栄養・食糧学会西日本支部大会      1994/10
36
コレステロール生合成阻害食餌条件下における動脈硬化易発症ウズラ(LAP)の脂質応答性
第48回 日本栄養・食糧学会総会      1994/5
37
バガス微粉末のコレステロール濃度上昇抑制作用
平成5年度第47回日本栄養・食糧学会西日本支部大会      1993/10
38
大豆外皮アルカリ抽出物酵素分解産物の静脈内投与による脂質低下作用
平成5年度第47回日本栄養・食糧学会西日本支部大会      1993/10
39
ヘアレスマウス体表面脂質中のエーテルリピッドの同定
平成5年度日本農芸化学会関西・西日本支部合同大会      1993/10
40
ラット体表面における分枝鎖脂肪酸及びアルコール生合成前駆体としてのD型分枝アミノ酸
平成5年度日本農芸化学会関西・西日本支部合同大会      1993/10
41
動脈硬化易発性ウズラ(LAP)のリポ蛋白質Profile
平成5年度日本農芸化学会関西・西日本支部合同大会      1993/10
42
動脈硬化易発症ウズラにおける脂質代謝動態と動脈硬化症の発現
平成4年度日本動脈硬化学会冬期大会      1992/12
Page Top

外部資金関連項目

最終更新日 2012/05/28
業績年度 1990 - 2018
科研費採択 合計件数5
1 代表者    文部科学研究 基盤C   機能性食品成分と医薬品併用摂取による薬効および病態に及ぼす影響に関する調査研究
2 分担者    厚生科学研究食品の安心・安全確保推進研究事業  検査機関の信頼性確保に関する研究
3 代表者    文部科学研究 基盤C  機能性食品の組み合わせ摂取による有効性と安全性に関する研究
4 代表者    厚生科学特別研究事業  食用油の安全性に関する研究
5 分担者    厚生科学研究費補助金創薬等ヒューマンサイエンス総合研究事業  EPA・DHA含有エステル交換構造脂質の体脂肪蓄積抑制効果に関する研究
Page Top