福岡工業大学 研究者情報
print
氏名(ふりがな): 中嶋 徳正(なかしま のりまさ)
所属: 情報工学部
情報通信工学科

工学研究科 修士課程
情報通信工学専攻
職位: 教授  
最終更新日: 2020/07/17
項目 内容
研究分野 工学基礎
研究テーマ 電磁波エナジー・ハーベスティング技術の高効率化に関する研究

研究概要 周囲に点在する電磁波を直流電力に変換するエナジー・ハーべスティングにおいて,電力変換効率を向上させるためのアンテナ,回路技術に関する研究に取り組んでいる.
研究キーワード エナジー・ハーベスティング,アンテナ・レクテナ,電波伝搬,電磁波散乱


学術論文関連項目

最終更新日 2014/02/25
業績年度 1990 - 2021
学術著書 合計件数1
1
計算力学レクチャーコース 線形方程式の反復解法
丸善出版      2013/9
Page Top
最終更新日 2019/03/29
業績年度 1990 - 2021
査読付論文 合計件数19
1
Convergence Comparison on the IDR(s)-Based IPNMs for Electromagnetic Multiple Scattering Simulations
IEICE Transaction on Electronics  E102-C 1 51--55  2019/1
2
計算順序の変更による同期削減版CG法におけるまるめ誤差の影響
日本シミュレーション学会論文誌  9 4 95--100  2017/12
3
種々の分野の数値シミュレーションで現われる線形方程式に対するRutishauserタイプのBiCGSafe法の性能評価
日本シミュレーション学会論文誌  9 4 79--84  2017/12
4
工学シミュレーションで現われる対称問題に対する前処理つきKrylov部分空間法の選択
日本シミュレーション学会論文誌  9 3 67--72  2017/9
5
積分方程式解法における多重極展開係数の高速・高精度計算法
日本シミュレーション学会論文誌  9 3 57--65  2017/9
6
AMラジオ放送用レクテナに搭載するアンテナコイルの検討
映像情報メディア学会誌  71 8 J207--J213  2017/8
7
積分方程式解法における高速・高精度な係数行列構築法の提案
日本シミュレーション学会論文誌  8 4 129--137  2016/12
8
Development of a CUDA Implementation of the 3D FDTD Method
IEEE Antennas and Propagation Magazine  54 5 186-195  2012/10
9
The IDR-based IPNMs for the Fast Boundary Element Analysis of Electromagnetic Wave Multiple Scattering
IEICE Transaction on Electronics  E95-C 1 63--70  2012/1
10
A Comparative Study on Iterative Progressive Numerical Methods for Boundary Element Analysis of Electromagnetic Multiple Scattering
IEICE Transaction on Electronics  E94-C 5 865--873  2011/5
11
Performance Evaluation of State-of-the-art Linear Iterative Solvers Based on IDR Theorem for Large Scale Electromagnetic Multiple Scattering Simulations
The Applied Computational Electromagnetics Society Journal  26 1 37 -- 44  2011/1
12
Improved IDR(s) Method for Gaining Very Accurate Solutions
World Academy of Science, Engineering and Technology  55  520--525  2009/7
13
2次元電磁多重散乱の境界要素解析におけるIDR(s)法の適用
電子情報通信学会論文誌  J92-C 4 111--118  2009/4
14
A Wideband Fast Multipole Algorithm for Two-dimensional Volume Integral Equations
International Journal for Numerical Methods in Engineering  77  195--213  2009/1
15
IDR(s)法の簡便な前処理と重厚な前処理の違いについて
Transactions of JSCES  2008 20080023   2008/9
16
Computational and Memory Complexities of Greengard-Rokhlin's Fast Multipole Algorithm
IEICE Transaction on Electronics  E88-C 7 1516--1520  2005/7
17
多数の誘電体円柱の電磁波散乱問題の高速計算について(2) --- Half Reduction と Block Jacobi を組み合わせた2段階前処理
情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム  45 SIG1(ACS4) 1--9  2003/1
18
Greengard-Rokhlin's Fast Multipole Algorithm for Numerical Calculation of Scattering by N Conducting Circular Cylinders
IEICE Transaction on Electronics  E-86 11 2158--2166  2003/11
19
多数の誘電体円柱の電磁波散乱問題の高速計算について
情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム  44 SIG6 18--26  2003/5
Page Top
最終更新日 2020/07/17
業績年度 1990 - 2021
国際学会論文 合計件数34
1
A Directivity of a Wire Antenna Combined Meanderline and Dipole
8th Asia-Pacific Conference on Antennas and Propagation    6AM1-B-3  2019/8
2
A Cmparative Study on the IDR(s)-based Iterative Progressive Numerical Methods for Electromagnetic Multiple Scattering Simulations
12th Asia-Pacific Engineering Research Forum on Microwave and Electromagnetic Theory    39-44  2018/10
3
SSMR Preconditioned Linear Iterative Solvers for Electromagnetic Simulations
Proc. 2018 Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS-Toyama)    1258--1264  2018/8
4
A Prototype of Rectenna with Self-Resonant Antenna Coil in AM Radio Frequencies
International Conference on Computational Electromagnetics      2016/2
5
Studies on Filtering Characteristics of X-shaped Photonic Crystal Waveguide in Two-Dimensional Triangular Lattice by Microwave Model
International Symposium on Antennas and Propagation      2015/11
6
A Numerical Error Estimation of the Gauss-Laguerre Quadrature
International Workshop on Information Technology, Applied Mathematics and Science (IMS2015)    1-6  2015/3
7
Experimental Results on Energy Harvesting by Using AM Radio Broadcasting
Proc. The 9th International Conference on Broadband and Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA2014)      2014/11
8
A Successive Minimal Residual Method for Solving Linear System of Equations
International Workshop on HPC (High Performance Computing), Krylov Subspace Method and Its Application    33-36  2013/1
9
The IDR-based IPNMs for the computtion of Electromagnetic Wave Multiple Scatteirng
The 9th Asia-Pacific Engineering Research Forum on Microwaves and Electromagnetic Theory    42--49  2012/10
10
An Alternative Domain Decomposition Technique for CUDA-based 3D FDTD Methods
the 15th European Microwave Week      2012/10
11
A Proposal of the IDR(s)-based Iterative Progressive Numerical Methods
Proc. International Workshop on Application of Iterative Methods to Engineering and its Mathematical Element    60--65  2011/10
12
Modified Iterative Progressive Numerical Methods Founded on IDR-based Iterative Solvers
Proc. 2010 Asia-Pacific Radio Science Conference    BEFKc-4  2010/9
13
Modified Iterative Progressive Numerical Methods Based on Classical Iterative Solvers
Proc. 2010 Asia-Pacific Radio Science Conference    BEFKc-3  2010/9
14
State-of-the-art Linear Iterative Solvers Based on IDR Theorem for Large Scale Electromagnetic Multiple Scattering Simulations
Proc. The 26th International Review of Progress in Applied Computational Electromagnetics    124--129  2010/4
15
Variants of Iterative Progressive Numerical Method founded on Classical and IDR-based Linear Iterative Solvers
Proc. 2nd International Kyoto-Forum on Krylov Subspace method    63--70  2010/3
16
Improved IDR(s) Method for Gaining Very Accurate Solutions
Proc. World Congress on Science, Engineering and Technology 2009      2009/7
17
A State-of-the-Art Linear Solver IDR(s) Method for Large Scale Electromagnetic Multiple Scattering Simulations
Proc. the 2009 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation and USNC-URSI National Radio Science Meeting    IF313.5  2009/6
18
An Iterative Progressive Numerical Method for Computations of Electromagnetic Multiple Scattering from Perfectly Electric Conducting Objects
Proc. the 2009 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation and USNC-URSI National Radio Science Meeting    IF313.3  2009/6
19
An Overview of a Family of New Iterative Methods Based on IDR Theorem and Its Estimation
Proc. the International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2009  2  2129-2134  2009/3
20
An Application of IDR(s) Method to Boundary Element Analyses of Two-dimensional Electromagnetic Multiple Scattering
Proc. International Kyoto-Forum on Krylov Subspace method    143--150  2008/9
21
Adaptively Tuned IDR(s) Method for Very Accurate Solutions
Proc. International Kyoto-Forum on Krylov Subspace method    135--142  2008/9
22
An Iterative Progressive Numerical Method to the Computation of Scattering from Many Cylinders and Its Parallelization
Proc. Progress In Electromagnetics Research Symposium 2008      2008/3
23
The application of a fast multipole algorithm to the computation of scattering from many objects
Proc. International Conference on Computational Method 2007    265  2007/3
24
Computation of Scattering from Randomly Distributed Dielectric Circular Cylinders
Proc. Progress In Electromagnetics Research Symposium 2006      2006/8
25
Fast Computation of Scattering from N Dielectric Cylinders --- Generalized Minimal Residual Method with Two-Step Preconditioning ---
Proc. International Symposium on Antennas and Propagation 2004    149--142  2004/8
26
Fast Computation of Scattering from N Dielectric Cylinders
Proc. 5th Asia-Pacific Engineering Research Forum on Microwave and Electromagnetic Theory    83--90  2004/7
27
An Improved Greengard-Rokhlin's Fast Multipole Algorithm for the Computation of Scattering from many Conducting Cylinders
Proc. 2004 IEEE AP-S International Symposium      2004/6
28
Numerical Calculation of Scattering from Conducting Spheres by Using Greengard-Rokhlin's Fast Multipole Algorithm
Proc. International Symposium on Information Science and Electrical Engineering 2003    373--376  2003/11
29
Numerical Calculation of Scattering from Randomly Distributed Dielectric Circular Cylinders by Using Greengard-Rokhlin's Fast Multipole Algorithm
Proc. 2003 Asia-Pacific Microwave Conference  2  758--728  2003/11
30
Fast Solvers for Electromagnetic Wave Scattering Problem with Many Dielectric Cylinder
Proc. 5th International Congress on Industrial and Applied Mathematics    54--55  2003/7
31
Numerical Calculation of Scattering from a Conducting Sphere by Using Greengard-Rokhlin's Fast Multipole Algorithm
Proc. 2003 IEEE AP-S International Symposium      2003/6
32
Numerical Calculation of Scattering from N Dielectric Circular Cylinders by Using Greengard-Rokhlin's Fast Multipole Algorithm
Proc. 2002 Interim International Symposium on Antennas and Propagation    193--196  2002/11
33
Numerical Calculation of Scattering from N Conducting Circular Cylinders by Using Greengard-Rokhlin's Fast Multipole Algorithm
Proc. 2002 IEEE AP-S International Symposium  2  606--609  2002/6
34
Numerical Calculation of a Two-dimensional Scattering Problem by Using Greengard's Fast Multipole Algorithm
Proc. Progress In Electromagnetics Research Symposium 2001    469  2001/7
Page Top
最終更新日 2017/12/25
業績年度 1990 - 2021
紀要・研究会資料解説等 合計件数5
1
AMラジオ放送用電磁波を対象としたエナジーハーベスティング技術の開発に向けた取り組み
福岡工業大学情報科学研究所所報      2015/10
2
Gauss-Laguerreの数値積分公式の数値的誤差評価
福岡工業大学情報科学研究所所報      2015/10
3
高次Gauss-Laguerre数値積分公式の分点ならびに重み計算
福岡工業大学情報科学研究所所報  25  35-41  2014/10
4
逐次的最小残差法の提案
九州大学大学院システム情報科学紀要  16 2 83--88  2011/9
5
高速多重極アルゴリズムを適用した多数の誘電体円柱による電磁波散乱の高速化について(2) --- 2段階Block Jacobi前処理について ---
九州大学情報基盤センター年報  3  47--56  2003/3
Page Top
最終更新日 2021/03/04
業績年度 1990 - 2021
学会発表 合計件数71
1
AMラジオ放送レクテナで得られる開放電圧の時間変化
無線電力伝送研究会    WPT2020-31  2021/1
2
461.25 [MHz] 電波方式無線電力伝送実験
無線電力伝送研究会    WPT2020-30  2021/1
3
461.25 [MHz] 三角形折り返し板状アンテナの試作
2020年度電子情報通信学会九州支部学生講演会    B-10  2020/9
4
E級スイッチングを用いた461.25[MHz]整流回路の試作
電子情報通信学会電磁界理論研究会  120 33 7--12  2020/5
5
AM波におけるE級整流回路の効率測定と比較
電子情報通信学会電磁界理論研究会  120 33 19--24  2020/5
6
メアンダラインとダイポールを組み合わせた板状アンテナの放射特性
電子情報通信学会電磁界理論研究会  119 272 13--17  2019/11
7
メアンダラインとダイポールを組み合わせた線状アンテナの指向特性
電子情報通信学会電磁界理論研究会  118 307 173-176  2018/11
8
方形ループとダイポールを組み合わせた線状アンテナの放射パターン
平成30年度(第26回)電子情報通信学会九州支部学生講演会    B-23  2018/9
9
MF帯におけるアンテナコイルのインピーダンス特性について
無線電力伝送研究会  115 428 WPT2015-71  2016/1
10
AMラジオ放送用周波数帯における自己共振を図ったアンテナコイルの試作
電磁界理論研究会  115 279 EMT2015-73  2015/10
11
FDTD法による損失性媒質中を伝搬する音波の数値計算
エレクトロニクスシミュレーション研究会  115 213 EST2015-67  2015/9
12
AMラジオ放送用送信アンテナ近傍の電磁界強度分布について
映像情報メディア学会 放送技術研究会  39 4 37-40  2015/1
13
AMラジオ放送向けレクテナに搭載するコイルの作成とその利用法
映像情報メディア学会 放送技術研究会  39 4 25-28  2015/1
14
AMラジオ放送用電磁波の電力回収実験
映像情報メディア学会 放送技術研究会      2014/1
15
Acceleration of the FDTD computation for lung cancer detection
日本応用数理学会 環瀬戸内応用数理研究部会 第17回シンポジウム      2014/1
16
波動場問題の積分方程式解法において現れる連立 1 次方程式に適した反復解法の調査
日本応用数理学会 環瀬戸内応用数理研究部会 第17回シンポジウム      2014/1
17
多倍長演算によるLaguerre多項式の零点計算
今後のHPC(基盤技術と応用)に関するワークショップ      2013/12
18
福岡市和白地域におけるAMラジオ放送用電磁波の伝搬特性について
第21回電子情報通信学会九州支部学生会講演会      2013/9
19
AMラジオ放送用電磁波を活用したエナジーハーべスティングに関する研究
第21回電子情報通信学会九州支部学生会講演会      2013/9
20
IDR(s) - based Iterative Progressive Numerical Method の提案
電磁界理論研究会      2013/6
21
多物体電磁波散乱問題の境界要素解析におけるIterative Progressive Numerical Methodの適用
2013年電子情報通信学会総合大会    CS-1-3  2013/3
22
2次元体積積分方程式解法におけるRichmondの近似公式の数値的誤差評価
2012年電子情報通信学会総合大会    C-15-14  2012/3
23
2次元体積積分方程式解法における正方形要素積分の高速・高精度評価について
電子情報通信学会エレクトロニクスシミュレーション研究会    EST2011-68  2011/10
24
体積積分方程式解法による柱状誘電体からの散乱電磁波の数値解析
第19回電子情報通信学会九州支部学生講演会    C-7  2011/9
25
マイクロストリップアンテナの多周波化に関する研究
第19回電子情報通信学会九州支部学生講演会    B-4  2011/9
26
逐次的最小残差法の提案
日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第14回シンポジウム講演予稿集    71--76  2011/1
27
多物体電磁波散乱問題の境界要素解析におけるIDR-based Iterative Progressive Numerical Methodの適用
日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第14回シンポジウム講演予稿集    7--12  2011/1
28
IDR-based Iterative Progressive Numerical Methodの性能評価
第39回電磁界理論シンポジウム    EMT-10-113  2010/11
29
Iterative Progressive Numerical Methodの改良と電磁波多重散乱の境界要素解析における性能評価
第15回計算工学講演会講演論文集  15 2 713--716  2010/5
30
2次元体積積分方程式解法における正方形要素積分の厳密な定式化
電子情報通信学会総合大会講演論文集    CS-1-2  2010/3
31
Iterative Progressive Numerical Method の改良 ---反復法の視点から---
第38回電磁界理論シンポジウム    EMT-09-152  2009/11
32
Numerical analysis of electromagnetic wave scattering by two adjacent conducting spheres
第62回電気関係学会九州支部連合大会講演論文集    11-2A-07  2009/9
33
Parallelization of an Iterative Progressive Numerical Method in Computing Electromagnetic Wave Scattering by Conducting Objects
第62回電気関係学会九州支部連合大会講演論文集    11-2A-06  2009/9
34
導体による電磁波散乱問題の境界要素解析におけるIterative Progressive Numerical Methodの適用
計算工学講演会論文集  14 1 511--514  2009/5
35
多物体電磁波散乱問題の境界要素解析における改良型IDR(s)法の性能評価(第2報)
計算工学講演会論文集  14 1 237--240  2009/5
36
複数の完全導体による電磁波散乱の数値解析
映像情報メディア学会放送技術研究会  33 3 BCT2009-8  2008/1
37
IDR定理に基づく新しい反復法群の概観と性能評価
情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティング研究会    2008-HPC-119  2008/12
38
多物体電磁波散乱問題の境界要素解析における改良型IDR(s)法の性能評価
情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティング研究会    2008-HPC-118  2008/12
39
Iterative Progressive Numerical Methodの収束性と行列ノルムの関係
第37回電磁界理論シンポジウム    EMT-08-131  2008/11
40
電磁波散乱問題の境界要素解析におけるIDR(s)法の適用
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集    C-1-13  2008/9
41
適応的にsを変化させるIDR(s)法の収束性について
先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS2008)論文集    131--138  2008/6
42
多数の誘電体円柱の電磁波散乱問題の高速計算について(3) - IDR(s)法とGMRES法との収束性およびメモリ量の比較 -
先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS2008)論文集    123--130  2008/6
43
多物体電磁波散乱問題の境界要素解析に対するIDR(s)法の性能評価
クリロフ別府フォーラム    47--52  2008/1
44
前処理つきIDR(s)法における前進・後退代入計算の可変的演算量
応用数学合同研究集会報告集    254--259  2007/12
45
高速多重極アルゴリズムとIterative Progressive Numerical Methodを併用した多物体電磁波散乱問題の数値計算の並列化
第36回電磁界理論シンポジウム    EMT-07-97  2007/10
46
多物体電磁波散乱問題の境界要素解析における IDR(s) 法の適用 (2) --- GMRES 法との収束性およびメモリ量の比較 ---
日本応用数理学会2007年度年会講演予稿集    132--133  2007/9
47
多物体電磁波散乱問題の境界要素解析における IDR(s) 法の適用 (1) --- 左前処理と右前処理による収束性の比較 ---
日本応用数理学会2007年度年会講演予稿集    130--131  2007/9
48
前処理つき IDR(s) 法の演算量と収束性評価
日本応用数理学会2007年度年会講演予稿集    128--129  2007/9
49
IDR(s) 法の算法の概要と収束性評価
日本応用数理学会2007年度年会講演予稿集    126--127  2007/9
50
多物体電磁波散乱問題の数値計算におけるIterative Progressive Numerical Methodの適用
電子情報通信学会総合大会    C-1-13  2007/3
51
自由空間中の電気型ダイアディックグリーン関数の多重極展開について
2006年電子情報通信学会総合大会    C-1-7  2006/3
52
高速多重極アルゴリズムを用いた散乱電磁波の近傍界計算
第34回電磁界理論シンポジウム    EMT-05-70  2005/11
53
Message-Passing Interface を用いた高速多重極アルゴリズムの並列化"
第58回電気関係学会九州支部連合大会    07-2A-02  2005/9
54
電磁波散乱問題の積分方程式解法における改良されたBiCG系統の反復解法の性能評価
日本応用数理学会 第8回環瀬戸内応用数理研究部会シンポジウム    72--77  2005/1
55
2次元GreengardとRokhlinの高速多重極アルゴリズムの改良
第33回電磁界理論シンポジウム    EMT-04-79  2004/9
56
GRFMAとMLFMAとの比較について(2)
電子情報通信学会総合大会    C-1-20  2004/3
57
GRFMAとMLFMAとの比較について
電気学会電磁界理論研究会    EMT-03-71  2003/11
58
多数の誘電体円柱がランダムに分布する媒質の電磁波散乱シミュレーション
電気関係学会九州支部連合大会    01-2A-12  2003/9
59
1個の導体球による電磁波散乱の境界要素解析における高速多重極アルゴリズムの適用
電子情報通信学会総合大会    SC-1-2  2003/3
60
多数の誘電体円柱の電磁波散乱問題の高速計算について
2003年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2003)    55--62  2003/1
61
多数の誘電体円柱による電磁波散乱の数値計算における高速多重極アルゴリズムの適用
電気学会電磁界理論研究会    EMT-02-78  2002/10
62
誘電体円柱による電磁波散乱の数値計算 ---高速多重極アルゴリズムの適用について---
電気関係学会九州支部連合大会    665  2002/9
63
高速多重極アルゴリズムを用いた2次元電磁波散乱の数値計算の精度について
電子情報通信学会ソサイエティ大会    C-1-2  2002/9
64
高速多重極アルゴリズムを用いた多数の誘電体円柱による電磁波散乱の数値計算 -BiCG系統の反復解法の性能評価-
2002年並列・分散・協調処理に関する「湯布院」サマーワークショップ    1--6  2002/8
65
高速多重極法を用いた多数の導体円柱による電磁波散乱の数値計算 ---混合界形積分方程式の適用---
電気学会電磁界理論研究会    EMT-01-67  2001/10
66
導体円柱による電磁波散乱の数値計算における高速多重極法の適用
日本応用数理学会2001年度年会    192--193  2001/10
67
複数の導体円柱による電磁波散乱の数値計算
電気関係学会九州支部連合大会    787  2001/10
68
高速多重極法を用いた導体円柱散乱の数値計算 ---高速フーリエ変換の適用---
電気学会電磁界理論研究会    EMT-01-50  2001/6
69
高速多重極法を用いた導体円柱散乱の数値計算
電子情報通信学会総合大会    C-1-5  2001/3
70
2次元電磁波散乱問題の数値計算 ---高速多重極法の適用---
電気学会電磁界理論研究会    EMT-00-55  2000/10
71
多数の誘電体円柱による電磁波散乱の数値計算 ---ウェーブレット行列変換の適用---
電気関係学会九州支部連合大会    649  2000/9
Page Top

外部資金関連項目

最終更新日 2012/05/19
業績年度 1990 - 2021
科研費採択 合計件数3
1 代表者  2012 - 2014  挑戦的萌芽研究  全空間周波数帯に亘り高性能な放射波動場計算法の開発
2 代表者  2008 - 2010  若手研究(B)  多物体電磁波散乱問題の大規模数値計算に適した高効率並列反復解法の提案
3 代表者  2005 - 2007  若手研究(B)  多物体電磁波散乱問題の高速・高効率解析シミュレータの開発
Page Top
最終更新日 2012/05/20
業績年度 1990 - 2021
その他補助金採択 合計件数7
1 代表者   2010  4. URSI(国際電波科学連合)B委員会 国際会議参加費支援  
2 代表者   2009  九州大学情報基盤研究開発センター 先端的計算科学研究プロジェクト  人体内部における超広帯域パルス信号の電磁波伝搬特性の高速高精度計算
3 代表者   2009  九州大学大学院システム情報科学研究院 助教支援研究資金補助  雨滴による電磁波散乱問題に適した境界要素法の確立
4 代表者   2008  2. PIERS(Progress In Electromagnetics Research Symposium)国内委員会 海外渡航支援費  
5 代表者   2004  九州大学大学院システム情報科学研究院 21世紀COEプログラム若手研究者助成金  多粒子系ランダム媒質からの電磁波散乱応答シミュレータの開発
6 代表者   2003  九州大学大学院システム情報科学研究院 21世紀COEプログラム若手研究者助成金  多数の粒子からなるランダム媒質の電磁波散乱シミュレータの開発
7 代表者   2002  九州大学大学院システム情報科学研究院 NTT DoCoMo研究助成金による短期海外渡航支援  
Page Top

その他の業績項目

最終更新日 2012/05/20
業績年度 1990 - 2021
Page Top