福岡工業大学 研究者情報
print
氏名(ふりがな): 徐 海燕(じょ かいえん)
徐海燕
HomePage
所属: 情報工学部
情報工学科

工学研究科 修士課程
情報工学専攻

工学研究科 博士後期課程
知能情報システム工学専攻
職位: 教授  

研究シーズ 1

最終更新日: 2010/01/29
項目 内容
研究分野: ソフトウエア
研究テーマ: データベースとWEB情報システムに関する研究
研究概要:

 近年、インターネットの爆発的な普及に伴って、買い物から学習まで私たちの
生活にWEBが活用されるようになってきました。
このWEB利用の隆盛を支えるのがデータベースの技術です。WEBにおけるデータベース
利用の技術がe-コマース(電子商取引)からe-learningまでのWEBアプリケーションを
可能にしたのです。
 現在、当研究室では、オープンソースデータベースPostgreSQI、商用データベース
OracleやWindows系のデータベースとJAVAやPHPといったWEBサイトプログラミングを
組み合わせながら、各種のWEB型アプリケーションの開発研究を行っています。

 システムの構成


[産業技術の背景と実用可能な分野]
 WEBアプリケーションの開発手法には、主に次の3種類があります。
(Ⅰ)手軽に使えるスクリプト系フリーソフトを利用する:PHP
(Ⅱ)コストパフォーマンスを発揮するマイクロソフト系開発環境を利用する:ASP
(Ⅲ)大規模システムを構築可能にするJ2EE(Java2 Platform Enterprise Edition)
      を利用
(Ⅰ)によってデータの更新頻度の高いWEBアプリケーションが構築可能です。一方、
世の中に使われている多くのe-コマースは(Ⅱ)によって開発され(Ⅲ)によって
24時間365日運用のWEBアプリケーションが実現可能になります。

 WEBアプリケーションの仕組み


[シーズ提供者のコメント]
 WEBアプリケーションの応用範囲は幅が広く、システムの規模もさまざまです。
われわれが開発したe-learningなどのWEBアプリケーションは本学のシステムに
おいて既に利用されていますが、24時間365日運用の大規模システムの開発は
これらの課題です。 
 

 
 e-learning(基本情報処理技術者試験演習システム)

 

応用分野:  
関連する特許:  
関連する特許名:
関連する論文:  
関連する論文名:
研究者メッセージ:  
キーワード: トランザクショナルワークフロー
WEBとデータベースの提携
e-learning
eコマース
イントラネット
携帯端末向けのWEBアプリケーション
研究詳細:
関連文献:
Pagt Top