Laboratory研究室紹介
研究室紹介

渡邊克二教授 渡邊研究室

※ 所属、研究内容等は2017年10月の取材当時のものです。

遠心分離機にかけたマイクロチューブ内の試料溶液の上澄みを取り除く。その後に、PCR(DNA増幅器)を用いて残った沈殿物から菌を分析する。

電気泳動によって現れたバンドを確認。ある特定の遺伝子が増幅されたのかをチェックするため、ゲル状の試料に紫外線を当てて調べる。

「牛乳とお茶」に含まれる細菌のDNAを調べるため、実験データのバンドをモニターで確認。パターンを分析し、どういう遺伝子かを推測する。

どのような微生物を含んでいるかを調べるために、試料中の微生物を増殖させている。

実験用素材は市販のオーストラリア産肉。これをすりつぶして試料を作り、培地で「細菌」を増殖させた後にDNAを抽出し精製する。

▲BACKTOTOP

▲PAGETOP