1年次

理系科目を中心に基本から学び、技術者としての基礎をつくる。

数学・化学・生物学・物理学など、技術者として必要な基礎科学分野を中心に学び、2年次からの学びの土台をつくります。また、高校で履修しなかった科目に関しても、しっかりとフォローします。後期からは実験室での化学実験も始まり、実際に器具や装置の使い方、洗い方などの基本や実験の流れ、レポートの書き方などを学びます。

 
2年次

知識を発展させるとともに、多くの実験を通じて
スキルアップを目指す。

物理化学・有機化学・環境科学など、生命環境化学各分野の発展的な科目を中心に学ぶことで、広い視野と深い思考力・分析力を養います。また、生物学実験や機器分析化学実験など、たくさんの実験をこなすことで、より正確でスピーディーな実験を行うスキルを高めていきます。3年次のコース選択に向け、目指す将来を考える時期でもあります。

 
3年次

コースに分かれ、それぞれの専門分野を深めることで
技術者として飛躍する。

物質工学やエネルギー循環工学など物理・化学をベースにした「環境エネルギー・物質化学系」、分子生物学や食品微生物学などの生物・化学をベースにした「生命化学・食品化学系」の2つのコースに分かれ、各専門分野の発展的な学修へと大幅にシフトします。より高度な実験機器を利用する機会も増え、技術者としてより一層のレベルアップを目指します。

 
4年次

4年間で学んだ知識や技術を組み合わせ研究に没頭。

3年間で培った知識と技術を活かし、4年では配属研究室で約1年かけて卒業研究に取り組みます。各研究室は環境/エネルギー、物質化学、バイオ、食品など分野が多岐にわたり、興味のある研究を行うことができます。大学院の先輩と共に実験に取り組むこともあり、有意義な研究室生活を過ごすことができるのも魅力の一つです。

 

学部卒業

大学院修士課程(2年)

 

大学院修了

大学院博士後期課程(3年)

 

▲PAGETOP