FIT工学部のたしかな教育と研究FIT工学部研究最前線

木野研究室

[研究内容]

軽量化・低コスト化・安全化を目指した産業ロボットの開発。

この研究室ではロボット工学とその関連分野、そして人間工学などの研究を行っています。たとえば従来の産業ロボットに比べ高出力で広い稼動範囲を誇るワイヤ駆動ロボットをはじめ、多数のロッドとケーブルで構成され、そのケーブルの長さを変化させながら形状を変形するテンセグリティロボット、併せてロボット用アクチュエータ、人間工学や学習制御などの研究を行って、従来よりも省力化した産業ロボットの開発・実用化を目指しています。

木野研究室の魅力を大神 誠人と今村 拓己が語る 木野研究室の魅力を大神 誠人と今村 拓己が語る

入学動機はモノづくりを広く学べること。就職率の高さも魅力。

大神さん

僕が福工大を選んだのは、やっぱりモノづくりに興味があったからですね。特に知能機械工学科は、関心を引かれるロボット製作などにも取り組んでいて、楽しみながらモノづくりに必要な広い知識を学べると思ったからです。それに、就職率の高さも非常に魅力的でした。

今村さん
僕もまったく同じです。知能機械工学科でのモノづくりは、たとえばマシンの製作はもちろん制御分野までを総合的に学べるということで、そこに強く惹かれました。就職率は僕にとってもやはり大きなポイントで、自分にとっては入学を決めた大きな要因ですね。
研究室には、ワイヤーロボットの制御や自動歩行ロボットの歩行原理解析などに取り組む学生もいる。

▲研究室には、ワイヤーロボットの制御や自動歩行ロボットの歩行原理解析などに取り組む学生もいる。

今村君の設計をもとにアルミを加工して試作したロボットアームの動きを確認。

▲今村君の設計をもとにアルミを加工して試作したロボットアームの動きを確認。 

コンビを組んでいま研究を進めているのが「医療用ロボット」。

大神さん

研究室では今村君とコンビを組んで、「医療用ロボット」の研究に取り組んでいます。現在、いろんな分野でロボットが導入されていますが、細密で高度な治療作業を要する医療現場でも多様なロボットが使用されています。

今村さん
自動車製造ラインで動くロボットアームをイメージしてください。そうしたロボットアームは手術用カメラの支持などにも用いられているのですが、大きくて操作しにくいといった課題があります。そこで僕たちは、従来の医療用ロボットームの保持力向上に関する機構の改善、軽量化につながる研究を行っているわけです。僕が設計で、大神君が実機の製作を担当しています。 僕はパソコンでの計算が主な作業になりますが、実験のシミュレーションがうまくいって、各自の研究報告を行う定期ミーティング(2週に1回)を乗り切ったときの安堵感というか満足感というか、この気分は本当に素晴らしいですね。また、研究に取り組むことで幅広い分野の知識が吸収できたし、直面する課題を諦めずに解決していく能力も身についたと思っています。
大神さん

僕は今村君の設計をもとに、モノづくりセンターなどでアルミ材を加工したり、関節部分にジョイントを組みこんだりしながらアーム自体を製作しています。今村君と同じで、定期ミーティングで自分の取り組みが評価されたときは本当に嬉しいですね。それに、自分の研究してきたロボットがいつの日か医療現場で役立つ日がくるかもしれないと考えると、やりがいも大きいものがあります。

ロボットアームの関節にかかるトルクなどをパソコンで計算中。

▲ロボットアームの関節にかかるトルクなどをパソコンで計算中。   

モノづくりセンターでアルミ素材を切断・穿孔しながら実機を製作。

▲モノづくりセンターでアルミ素材を切断・穿孔しながら実機を製作。 

この研究室を選んだのは、研究室の雰囲気と先生のキャラクター!

大神さん

僕は1年次の研究室訪問で木野研究室を訪れた際に、この研究室は先生と学生の距離が近く、いい雰囲気でみんな研究しているなと感じたことが選んだきっかけでした。興味を持っていたロボットがテーマだし、一発で気に入ったんですよね。

今村さん
入学の動機とも重なりますが、機械の設計、加工とともにプログラミングも研究の一部だったことが大きな魅力でした。モノづくりを幅広く学べる環境と言うのかな。それに先生のキャラクターも響きましたね。本当に気さくな先生で、気持ちが若くて学生に近いし…。研究室のドアにもポスターを貼ってありますが、アニメロボットの「ガンダム」の話も交えたりしながら講義・指導されることもあるんですよ。
大神さん

先生はいろんな本を出版していらっしゃるけど、アニメのロボットなどについて書いた本もあるよね。最新作は、「これができればノーベル賞」という本。ほかに、「バットマンは飛べるが着地できない」「あのスーパーロボットはどう動く?」なんていう本があります。新聞などでも紹介されたし、書店でも売っています。

PCの画面でネットワーク状のパケットの通信状態を確認。

▲和気あいあいの研究室だが、論文作成に取り組む学生の姿勢は真剣そのもの。

新聞やテレビでも紹介された木野先生執筆の本。工学に詳しくない人も楽しく読める。

▲新聞やテレビでも紹介された木野先生執筆の本。工学に詳しくない人も楽しく読める。

将来は、ロボット製作に関わりながら就職・進学それぞれの道へ。

今村さん
今の目標は、現在設計を行っているロボットアームを完成させることですね。いろいろと課題も多いけど、一歩でも完成に近づけたいです。進路ですが、本学の大学院へ進むことが決まっています。もちろんこの木野研究室で、ワイヤを用いた産業ロボットについての研究を続けます。
大神さん

僕は、行きたかった会社への就職が決まっています。安川エンジニアリングというロボットの修理・保全を行う会社で、ロボット製作で有名な安川電機の子会社です。当然、就活の際の面接では、研究室での取り組みをしっかりアピールしました(笑)。研究室でのミーティングで、プレゼン能力が鍛えられたのも良かったのかなと思います。いろいろ研究室のことを紹介しましたが、福工大自体が勉強を頑張れる環境だし、就活のサポートも厚さも実感!就職率の高さが納得できました。

資料請求