FIT工学部のたしかな教育と研究 工学は楽しい!

「工学」というと難しく感じるかもしれませんが大丈夫!
「専門基礎科目」「専門科目」「エンジニアリングデザイン科目」「教養科目」の4つを通して、希望する未来やモノづくりのための知識を学びます。

基礎科目って?

4学科共通では数学
高校卒業までに習う四則演算はもちろんのこと、三角関数や1・2次関数、対数・指数関数を数学としてではなく工学として自由に使えるようになることは重要!

FIT工学部はココが違う
FIT工学部では、入学後にこれらの高校までに習う基礎の数学から始めて、「微分積分」や「行列」などの項目を2年次までに学習。また、電子情報工学科・知能機械工学科・電気工学科では物理学の中の特に「力学」、生命環境化学科では「化学」や「生物学」が基礎科目として1・2年次に学習。

専門科目って?

各学科の基盤となる学問を教えるための中心となる科目
専門科目を習得して初めてその学科を卒業したことになると言って良いでしょう。そのため各学科共に専門の学問を身に付けさせるための演習、実験、実習科目があります。

講義科目例
電子情報工学科:「電子回路」「プログラミング」
生命環境化学科:「微生物学」「環境科学」
知能機械工学科:「機械力学」「機械加工学」
電気工学科:「電気回路」「システム制御工学」等

エンジニアリングデザイン科目って?

エンジニアリングデザイン科目も専門科目のひとつ
基礎科目や専門科目で得た知識や能力を駆使して、更なる専門的な知識やスキル、創造性、コミュニケーション力、プレゼンテーション力を鍛え上げることを目標とする科目。

代表的な科目は「卒業研究」
各学科卒業までの1~1.5年の期間が設定。特に4年生については、1年間、実質卒業研究のみを受講することになり、学科、研究室によっては朝から晩まで実験、解析に明け暮れる日々となりますが、工学部に入った喜びを最大限に味わえるはずの科目。

教養科目って?

就職力につながる「コミュニケーション力」「プレゼンテーション力」「ディベート力」
グローバルな人材になるための「英語能力」

その他にも社会学、心理学、歴史学等も含まれています。
1~2年次に開講する科目の中で一部必修科目として開講。また、実質必修科目化させている科目もあります。

  • 詳しくは電子情報工学科へ
  • 詳しくは生命環境科学科へ
  • 詳しくは知能機械工学科へ
  • 詳しくは電気工学科へ

資料請求