FIT工学部のたしかな就職 FIT工学部の就職の秘訣

FIT工学部独自の就職サポートで夢を実現

「就職力」=「学生が希望する企業に就職できる力」

『なぜそんなに就職状況が良いのか』
その答えは、FIT工学部を卒業する学生自身の就職力が高いからだということ。
そんな工学部生の就職をサポートするため、FIT工学部では「就職率向上を目指した工学部年間行動計画」を立てています。

工学部生の就職力を高める実力を身につけさせる

『企業はちゃんと見ています』
IT工学部独自の教育システムは決して楽なものではなくて、むしろ、どうにもならないほど大変だと苦労を感じる場面が出てくるかもしれません。
しかし、それを乗り越えた皆さんを企業は見逃すはずがありません。

就職支援に対する学科の取り組み

  • (1)学科毎の就職資料室を設置し、学科学生がタイムリーに資料の閲覧が可能。
  • (2)学科・研究室単位で各学生の内定状況をオープンに掲示することで教員・職員ともに目標を持った活動、支援の起爆剤としている。
  • (3)研究室指導教員単位(5~10名の学生)の就職支援をベースにしている。
  • (4)定例学科会議で、卒研担当教員から未内定学生の就職状況を報告してもらい学科としての学生個々の事情に合わせた支援方針を決定。
  • (5)就職担当教員は長期期間を原則として当該学科の事情、及び当該学科が
    テリトリーとしている企業群を把握している就職担当教員が各学科に存在。
  • (6)就職活動解禁前に全員に模擬面接を実施。
  • (7)「業界研究会」と称して、多種多様の企業様をお迎えし、授業内で講演いただくことで幅広い視野を養成する。

きめ細やかな個人指導の徹底

きめ細やかな個人指導の徹底

資料請求