就職体験記 内定GETで夢の実現へ 内定者からのコメントを速報紹介

電子情報工学科詳しくは電子情報工学科へ

電子情報工学科4年
金田 悠樹さん

出身:
福岡県立 小倉工業高等学校
内定先:
株式会社パナソニックデバイスシステムテクノ

志望動機

小さいころから「ロボット」が好きで、いつか自分でヒト型ロボットを創ってみたいという気持ちを持っていたことが福工大への入学に結びつきました。福工大には学生たちが様々なプロジェクトに取り組んでいる「ものづくりセンター」があること、また入学すれば自分もここでロボット製作に携われると確信したことから福工大を志望しました。入学後は電子情報工学科で学ぶとともに、1年次から「二足歩行ロボットプロジェクト」に参加。チームの一員として、ロボット製作に情熱を傾けた学生生活になりました。

学科の学びを通じて就職に役立ったこと

やはり「二足歩行ロボットプロジェクト」が大きいですね。プロジェクトでは1年次から工作機械の使い方などの教育を受け、2年次には小学校や町で行うイベントの班長も経験。2年次には、プロジェクト全体をまとめる統括部長も務めました。文字どおり、プロジェクトとともに歩んできた学生生活だったので、入社試験での面接の際にもこのプロジェクト活動をしっかりアピールできました。電子情報学科はハードとソフトの両面を学べる利点がありますが、私自身少し知識が浅かったプログラミングを授業で学べたことから、その知識をロボット製作にも活かすことができました。

将来の目標

私の就職先はパナソニックのグループ会社で、自動車に搭載するカーナビゲーションシステムや自動運転システムなどにも関わる、先進的な会社です。入社後は、おそらくはハード分野の開発に携わることになるでしょう。まだ何をするのか、何ができるのか分かりませんが、目標としては「これは自分が製作を担当した」と言えるモノづくりができればと思っています。他の技術者に負けない、自分ならではという強みもじっくり育てたいですね。できれば、クルマの自動運転に関わる仕事にも取り組んでみたいです。

生命環境化学科詳しくは生命環境化学科へ

生命環境化学科4年
白水 まどかさん

出身:
福岡市立 福岡西陵高等学校
進学先:
福岡工業大学大学院 工学研究科 修士課程 生命環境化学専攻

志望動機

理工系大学へ進学を志望する中で出会ったのが、「環境」という文字を学科名に用いてある福工大工学部の生命環境化学科でした。進学に際しては様々な大学を調べたのですが他大学は学ぶ範囲が限定されたイメージで、たとえば化学オンリーという場合が多く、カリキュラムにもそんなに興味を引かれませんでした。その点、生命環境化学科は興味のある「環境」をはじめ化学、物理、生物など幅広い分野を学べます。ここへ入れば、広い視野・知識を身につけられるというメリットを実感したことが入学の大きな要因になりました。

学科の学びを通じて就職に役立ったこと

入学後は、環境科学の授業をすべて受けました。中でも化学工学は印象に残った授業で、工場などで実際に使える実用的な理論を学ぶことができたと思います。また、在籍している研究室の三田先生は「生化学」が専門分野の学者で、アストロバイオロジーとよばれる宇宙生物学も研究していらっしゃいます。私自身も、環境分野と同じくらい宇宙分野も大好き。研究室選択の際、三田研究室を選んだのも当然のことだったと言えます。この研究室での研究をさらに深め、今まで学んできた理論に加え、さらに実用的な技術、応用力を身につけようと3年次に大学院進学を決意。推薦入試での面接を経て福工大大学院への進学が決まりました。

将来の目標

現在は三田研究室で、生物に不可欠な分子を宇宙環境で合成できないかという研究に取り組んでいます。いわば「生命の起源を探る」というテーマに関わる研究です。将来、ISS(地球軌道上にある宇宙ステーション)へ素材を持ち込んで実験を行うための「予備実験」として位置付けており、大学院でもこの研究を継続して取り組む予定です。大学院ではより高度な授業を受けながら研究の修士論文作成し、さらには国際学会での成果発表も行うことになります。なお大学院修了後は、身につけた実験の技術力などを発揮できる化学業界の研究職に就きたいと思っています。

知能機械工学科詳しくは知能機械工学科へ

知能機械工学科4年
永沼 祐亮さん

出身:
福岡県立 八幡中央高等学校
内定先:
株式会社三井ハイテック

志望動機

オープンキャンパスへ参加した際、小さいころから好きだった自動車や機械の分野を学べると分かったことが福工大工学部への入学を志望した理由です。特に、モノづくりに不可欠な設計・生産・設計の知識や技術を身につけられうえ、技術士資格の一次試験が免除になる「JABEE認定コース」があることも入学意欲を高めてくれました。また好調な就職実績、オープンキャンパスで見た整った施設やきれいなキャンパスなども入学を決めた要因です。学ぶ範囲の広さや得られる知識量の多さに加え、学習環境も申し分ありませんでした。

学科の学びを通じて就職に役立ったこと

ハイブリッドカーや電気自動車に用いられるモーターの核となる、「モーターコア」の世界トップシェア企業に就職が内定しています。就職活動としては、3年次9月に就職講座を先駆けて受講。3月には学内の合同企業説明会にも参加しましたが、就職先はその説明会に来ていた1社です。学科推薦によって試験を受けた結果、無事に合格することができました。プレス用精密金型などの事業も展開している企業なので、研究とは遠からず繫がっています。レーザーという言葉に惹かれて選んだ研究室ですがCAD/CAMなどの知識も学べたし、やはり研究室の取り組みも就職活動に良い影響を与えたと思っています。

将来の目標

研究室では今後、実際にレーザーを用いながら超硬合金に対する「微細加工」を行っていきます。エネルギーなどのレーザーの加工条件が決定次第、加工に着手する予定です。就職先は、先にも紹介したようにプレス用精密金型などの製作も手がけているので、研究室で培った能力を活かせる仕事がしてみたいですね。希望としては、製図が得意なのでCAD/CAMを用いた設計部門で力を発揮したいし、また海外での仕事にも携わってみたいです。さらに、就職後は難関の国家資格「技術士」にチャレンジし、ぜひ取得したいと思っています。

電気工学科詳しくは電気工学科へ

電気工学科4年
遠江 健さん

出身:
福岡県立 福岡中央高等学校
内定先:
九州電力株式会社

志望動機

私が福工大を志望したのは、関心の高かった「就職率」がとても高いという情報を聞いたことが理由です。また工学部電気工学科を選んだのは、「電気」そのものが社会生活を営む上で必要不可欠な要素だから。その電気に関連する分野を学ぶ電気工学科は「学びがい」の大きさがイメージでき、社会の役に立ちたいと常々考えていた私に最適の学科でした。入学後には、福工大自体の環境が素晴らしいことも実感。JRで通える立地をはじめ美しいキャンパス、整備された研究施設、最新のパソコン環境など、学びの場として満足のいく充実度でした。

学科の学びを通じて就職に役立ったこと

電気分野全般をじっくり学べたことが、とても良かったと思っています。毎回のレポート作成は苦労したのですが興味を引かれる実験も多く、多様な知識を吸収することができました。たとえば「エンジニアリングデザイン」ではグループに分かれ、自分たちで計画を立ててモノづくりを行います。私は電気自動車の制作にあたりましたが、チームで何かを作り上げていく行為は実社会に通じる部分でもあり、大いに勉強になりました。卒業後は、奇遇にも「電力会社」で働くことになりました。どこに配属されても電気工学科で学んだ知識は、きっと役に立つはずです。

将来の目標

就職先での配属が決定していないため、具体的な仕事内容はまだ分かりませんが、自分が成長できることには積極的にチャレンジし、社会に貢献できる能力を高めていきたいです。会社は電力のみならず多様な事業に挑戦、また国外での仕事も手がけているので、海外で仕事をする可能性もあります。そのために、現在は大学にいるネイティブスタッフと話したり、英語スピーチコンテストに出場したりすることで、英語力を高めています。海外での大きな事業に対応できる、グローバルな人材への成長も社会に出てからの目標です。

資料請求