福岡工業大学

新着情報Q-Conference2017開催いたしました【開催報告②】

優秀ポスター表彰

今年度の新たな企画である優秀ポスター表彰。参加者がこの日もっとも印象に残ったポスターに投票を行い、得票数の順に3位まで表彰を行いました。結果は次の通りです。

1位     中村学園女子高等学校「中村学園女子高校SGH~SGコースの取り組み」

2位(同票) 九州産業大学「入試制度に職員参画KSUアドミッションオフィサー」

2位(同票) 西南学院大学「学生と地域が得ること~姪浜西南大学まちを通じて~」

投票されたシートには、各取組に対して、発表者の熱意、取組への工夫、ポスターの見やすさなど様々な視点でコメントが寄せられ、各発表者の励みとなりました。

 

企画セッション

優秀ポスター表彰のあとは、企画セッションが行われました。テーマは「高校教育と大学教育のトランジション~古くて新しい試み~」。まず大分大学の三好氏から、高大接続改革の要点と自大学における入試調査・分析を通じた戦略的な学生募集と大学入試広報の試み等について講演がありました。また、大正大学の日下田氏からは、46答申と高大接続答申との比較から、大学入学者選抜と多数の教育プロセスとの着実な接続、総合的な判定の必要性等について講演がありました。その後、福岡工業大学松尾学務部長のコーディネートにより、会場からの質問を交え、大学が取るべき施策や、学生の成長に必要なものは何かについて意見交換が行われました。



 

クロージングセッション

企画セッションに引き続き、九州大学の蔵本氏の司会のもと、クロージングセッションが行われました。まず各セッションについて「ランチセッション(福岡工業大学学生FDスタッフ)」「ポスターセッション(西南学院大学上條氏)」「企画セッション(九州大学中世古氏)」報告がありました。その後、Q-Links事務局からの挨拶、開催校の福岡工業大学松尾学務部長から、開催への御礼および今後のQ-Links活動への期待が述べられました。最後に恒例の全参加者による集合写真が撮影され、盛況のうちに閉会となりました。

 

資料請求