文部科学省採択プログラム
私立大学等改革総合支援事業

平成30年度私立大学等改革総合支援事業(選定結果報告)

本学は、国の私大等改革総合支援事業の4タイプ全ての領域で選定されました。

(平成28年度から続き3年連続4度目)

私立大学等改革総合支援事業の趣旨

この支援事業は文部科学省と日本私立学校振興・共済事業団が一体となって、下記の事業目的(1~4)で積極的に学校改革に取り組む大学等を評価・選定・支援するものです。

■目的別支援対象校の選定数(全国920校中)

  1. 教育の質的転換(約200校選定)
  2. 産業界との連携(同50校)
  3. 他大学等との広域・分野連携(同50校)
  4. グローバル化(同80校)

30年度、すべての領域(4タイプ)で選定された大学は、全国でわずか4校。

短期大学部も2タイプ(教育の質的転換・産業界との連携)に選定
2タイプ以上選定された短大(短期大学部)は4校のみで、全国屈指の高評価を頂きました。

全国私立大学等の選定状況

全国私立大学等(920校)のうち633校が選定の申請を行い、そのうち4タイプ全ての領域で選定された大学・短大はわずか4校(0.6%)でした。 全国屈指の高評価を受けました。※タイプ5(プラットフォーム形成)は性質が異なるため集計より除外しています。

4タイプ全てに選定は4校

福岡工業大学 芝浦工業大学
東京都市大学 東洋大学

全選定の要因となった取組例

教育の質的転換

  • 教授法開発(FD)・職能開発(SD)の拡大
  • アクティブ・ラーニング授業の拡大
  • 学生による授業評価結果の活用
  • 教育・研究活動情報の積極公表
  • 高大接続改革の推進 など

産業界との連携

  • 産学連携を推進するセンターの設置
  • 研究活動の実用化・事業化の推進
  • 企業との受託・共同研究・特許出願拡大
  • 知的財産活用に係るリスク管理の徹底
  • 研究費の適正・厳格な管理 など

他大学等との広域・分野連携

  • カリキュラム編成での他大学連携
  • 共同就業力育成事業拡大
  • 共同SD・FDの実施
  • 教員の人事交流
  • 学内施設等の共同利用 など

グローバル化

  • 国際交流ラウンジ(国際化推進体制)の整備
  • 外国語による授業科目の設定
  • 外国語試験対策講座設定・学習サポート
  • 海外大学との学生・教職員交流
  • 海外留学生ネットワーク形成 など