国際交流-留学生向け
資格外活動の許可

資格外活動の許可

留学生として、「留学」の在留資格で日本に滞在する外国人のみなさんは、原則として就労することが認められていません。  

アルバイトをするためには、資格外活動の許可申請を行い、入国管理局から許可を受ける必要があります。アルバイトをする必要がある方は、下記の必要書類を揃えて、福岡入国管理局で手続きを行ってください。

また、資格外活動許可を得た後は、パスポートと在留カードを持って学生課へ報告に来てください。

なお、休学した場合、大学での勉強や研究活動を行っていないため、「留学」の在留資格を満たさないとみなされます。そのため、休学中は資格外活動許可を取得していても、アルバイトを行うことは認められていません。

必要書類

  • 在留資格変更許可申請書
    ※学生課でも入手できます
  • パスポート
  • 在留カードもしくは外国人登録証明書(みなし在留カード)
    ※入国管理局で提示してください

留学生に認められているアルバイト

この条件を満たさないアルバイトは許可されません。アルバイトを探す場合は、必ずこのルールを守って探してください。

  • 週28時間以内
    長期休業(春季・夏季・冬季)期間中は、1日8時間以内
  • 風俗関連営業が営まれている営業所以外の場所で行われているもの

 

※制限時間を超えてアルバイトを行った場合、本国への送還・罰金・懲役などの処分を受けることがあります。絶対にルールを守るようにしてください。
※風俗営業や風俗関連営業が行われる場所でのアルバイトは禁止されています。また、スナック、ナイトクラブ、バー、パチンコ業などでは、皿洗いや掃除をすることも禁止されていますので、絶対にアルバイトを行わないでください。