TEL. 092-606-4579

〒811-0295 福岡県福岡市東区和白東3-30-1

北川研究室

新しい磁性材料の開発を目指しています

研究方針

  • 私たちは,試料合成から物性測定まで一貫して行っています。独自の物質設計に沿って,新物質の創製を行います。また,既存の物質でも今までに知られていなかった機能性を見出すことを行っています。

NEWS

・ 2017年12月1日
希土類リサイクル技術に関する解説が、ケミカルエンジニヤリング12月号に掲載されました。
「酸廃液を出さないネオジム磁石からの希土類分離回収技術の開発」 ケミカルエンジニヤリング Vol.62 (2017) pp.43-48.
・ 2017年11月14日
(株)フィゾニットと共同で粉末回折データ解析の高確度な精密化を実現 し、従来と比べて2桁以上向上させることに成功した論文がScientific Reportsに掲載されました。
"A necessary criterion for obtaining accurate lattice parameters by Rietveld method" Scientific Reports 7 (2017) 15381.
・ 2017年10月25日
学生さんが北川の誕生日を祝ってくれました
・ 2017年10月13日
第33回マツダ研究助成の贈呈式が本学で行われました。採択課題は「電気二重層トランジスタを利用した光誘起近藤効果の普遍性の研究」キャンパスメール 贈呈書
・ 2017年8月15日
酸廃液を出さない希土類磁石からの希土類回収の実証実験成功に関する論文がScientific Reportsに掲載されました(上村亮平君の卒業論文)。
"Rare Earth Extraction from NdFeB Magnet Using a Closed-Loop Acid Process" Scientific Reports 7 (2017) 8039.
・ 2017年5月18日
北川が第33回希土類討論会で研究成果を発表しました。
「R3Co3Ga (R=Nd, Gd, Tb)の合成と磁性」
・ 2017年5月18日
科学研究費補助金 基盤研究(C) H29~H31年度「革新的光デバイスを目指した希土類を含んだ通常およびトポロジカル絶縁体の開発」が採択されました。
・ 2017年4月1日
修士学生が1人、学部4年生が7人配属されました。
・ 2016年10月25日
学生さんが北川の誕生日を祝ってくれました
・ 2016年9月15日
「酸廃液を出さないネオジム磁石からの全元素分離回収技術に向けた要素技術の開発」がJSTマッチングプランナープログラムに採択されました。
・ 2016年6月9日
北川が国際会議Rare Earths 2016にて、鉄系超伝導体に対する光照射効果について発表しました。
"Illumination effect on superconductivity of bulk CeFeAsO0.65F0.35"
・ 2016年4月29日
量子スピン液体候補の新物質CeCd3P3に関する論文がMaterials Research Expressに掲載されました(樋口将平君、野島勇紀君の卒業論文、産業技術総合研究所とフィゾニットとの共同研究)。
"Optical, transport and magnetic properties of new compound CeCd3P3" Mater. Res. Express 3 (2016) 056101.
・ 2016年4月1日
学部4年生が8人配属されました。
・ 2016年1月20日
光誘起近藤効果という磁気の新しい光制御方法に関する論文がPhysical Review Bに掲載されました(北島大輝君、下川顕治君、高木宏人君の卒業論文)。
"Photoinduced Kondo effect in CeZn3P3" Physical Review B 93 (2016) 035122.
・ 2015年11月7日
ネオジム磁石からネオジムを分離回収する新しい方法に関する論文がAIP Advancesに掲載されました((株)フィゾニットとの共同研究)。
"Improved room-temperature-selectivity between Nd and Fe in Nd recovery from Nd-Fe-B magnet" AIP Advances 5 (2015) 117212.
・ 2015年9月17日
北川が日本物理学会にて「CeZn3P3における光誘起近藤効果」というタイトルで発表しました。
・ 2015年7月28日
北川が2015旭硝子財団助成研究発表会にて「新しい光機能性をもつ希土類化合物の開発」というタイトルで発表しました。
・ 2015年5月13日
当研究室の学術論文
"Synthesis and physical properties of a new caged compound Ce3Pd20As6 of the C6Cr23-type structure" J. Alloys and Compounds 622 (2015) 676.
が、カナダのリサーチ会社 Advances in Engineering 社に、工学的に注目すべき研究成果としてホームページに掲載されました
・ 2015年4月16日
片岡雄介君の修士論文の一部が学術論文として出版されました((株)フィゾニットとの共同研究)。
"Hydrogenation of Nd-Fe-B magnet powder under a high pressure of hydrogen" Results in Physics 5 (2015) 99.
・ 2015年4月1日
学部4年生が9人配属されました。
・ 2014年11月20日
折田謙太郎君の卒業研究が学術論文として出版されました(広島大学との共同研究)。
"Synthesis and physical properties of a new caged compound Ce3Pd20As6 of the C6Cr23-type structure" J. Alloys and Compounds 622 (2015) 676.
・ 2014年9月30日
安部太地君、折田謙太郎君の卒業研究が学術論文として出版されました(広島大学との共同研究)。
"Physical properties of new cerium palladium phosphide with C6Cr23-type structure" Results in Physics 4 (2014) 137.
・ 2014年7月23日
小笹航君、田中大貴君の卒業研究が学術論文として出版されました。
"Photoexcitation effect on transport properties of CeZnSbO"
Mater. Res. Express 1 (2014) 035902.
・ 2014年5月22日
片岡君が第31回希土類討論会で研究成果を発表しました。
・ 2014年4月1日
学部4年生が8人配属されました。
・ 2014年3月20日
卒業式
・ 2013年11月26日
CeZn3P3の光照射効果に関する論文がJ. Phys. Soc. Jpn.に掲載されました。
・ 2013年11月26日
北川の博士課程時代の研究成果が「強相関電子物理学」という学術書で記載されました。
・ 2013年6月7日
北川が旭硝子財団H25年度助成金贈呈式に出席しました。
・ 2013年4月1日
修士課程1年が1人,学部4年生が7人配属されました。
・ 2013年3月20日
卒業式。内海君が電気工学科の総代を務めました。5人の4年生が無事卒業しました。就職先でも頑張ってください。
・ 2012年11月1日
研究室ホームページを開設しました。