福岡工業大学 総合研究機構

  • Home
  • 総合研究機構
  • 産学連携推進室
  • エレクトロニクス研究所
  • 情報科学研究所
  • 環境科学研究所
  • お問い合わせ

科学研究費補助金

概要

科学研究費助成事業(科研費)は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的資金」であり、ピア・レビュー(専門分野の近い複数の研究者による審査)により、豊かな社会発展の基盤となる独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

我が国の科学技術・学術振興方策における「科研費」の位置付け

種目

研究種目等 研究種目の目的・ 内容
科学研究費 特別推進研究 国際的に高い評価を得ている研究であって、格段に優れた研究成果をもたらす可能性のある研究
(期間3〜5年、1課題5億円程度を応募総額の上限の目安とするが、上限、下限とも制限は設けない)
新学術領域研究 (研究領域提案型)
研究者又は研究者グループにより提案された、我が国の学術水準の向上・強化につながる新たな研究領域について共同研究や研究人材の育成等の取り組みを通じて発展させる
(期間5年、単年度当たりの目安1領域 1千万円〜3億円程度)
基盤研究 (S)1人又は比較的少人数の研究者が行う独創的・先駆的な研究
      (期間 原則5年、1課題 5,000万円以上 2億円程度まで)
(A)(B)(C)1人又は複数の研究者が共同して行う独創的・先駆的な研究
      (期間3〜5年、応募総額によりA・B・Cに区分)
       (A) 2,000万円以上 5,000万円以下
       (B) 500万円以上 2,000万円以下
       (H24〜H26新規採択課題は一部基金化)
       (H27新規採択課題 審査区分「特設分野研究」から基金化)
       (C) 500万円以下 (H23新規採択課題から基金化)
挑戦的萌芽研究 独創的な発想に基づく、挑戦的で高い目標設定を掲げた芽生え期の研究
(期間1〜3年、1課題500万円以下) (H23新規採択課題から基金化)
※新規募集は行っていません
挑戦的萌芽
(開拓・萌芽)
1人又は複数の研究者で組織する研究計画であって、これまでの学術の体系や方向を大きく変革・転換させることを志向し、飛躍的に発展する潜在性を有する研究 なお、(萌芽)については、探索的性質の強い、あるいは芽生え期の研究も対象とする
(開拓)3〜6年間、500万円以上2,000万円以下
(萌芽)2〜3年間、500万円以下
若手研究 (A)(B)39歳以下の研究者が1人で行う研究
      (期間2〜4年、応募総額によりA・Bに区分)
       (A)500万円以上 3,000万円以下
       (H24〜H26新規採択課題は一部基金化)
       (B) 500万円以下 (H23新規採択課題から基金化)
研究活動スタート
支援
研究機関に採用されたばかりの研究者や、育児休業等から復帰する研究者等が1人で行う研究
(期間2年以内、単年度当たり150万円以下)
奨励研究 教育・研究機関の職員、企業の職員、それ以外の者で、学術の振興に寄与する研究を行っている者が1人で行う研究
特別研究促進費 緊急かつ重要な研究課題の助成
研究成果公開促進費 研究成果公開発表 学会等による学術的価値が高い研究成果の社会への公開や国際発信の助成
国際情報発信強化 学協会等の学術団体等が学術の国際交流に資するため、更なる国際情報発信の強化を行う取組への助成
学術定期刊行物 学会又は複数の学会の協力体制による団体等が、学術の国際交流に資するために定期的に刊行する学術誌の助成
※新規募集は行っていません
学術図書 個人又は研究者グループ等が、学術研究の成果を公開するために刊行する学術図書の助成
データベース 個人又は研究者グループ等が作成するデータベースで、公開利用を目的とするものの助成
特別研究員奨励費 日本学術振興会特別研究員(外国人特別研究員を含む)が行う研究の助成(期間3年以内)
国際共同研究加速基金 国際共同研究強化 科研費に採択された研究者が半年から1年程度海外の大学や研究機関で行う国際共同研究(1,200万円以下)
国際活動支援班 新学術領域研究における国際活動への支援(領域の設定期間、単年度当たり1,500万円以下)
帰国発展研究 海外の日本人研究者の帰国後に予定される研究(期間3年以内、5,000万円以下)


予算額推移

日本学術振興会HPの「科研費データ」からの抜粋です。

応募・採択状況

日本学術振興会HPの「科研費データ」からの抜粋です。

このページのTOPへ