科学教育
青少年のための科学の祭典

毎年60種類を超える様々な体験型科学実験コーナーが展開される「科学の祭典」は夏休み終盤の恒例イベントとして熊本をはじめとした九州各地域の子どもたちに浸透しており、2日間で3、4万人を突破する空前の動員を果たしています。
福岡工業大学は、「モノづくりセンター」が毎年参加して、訪れた未来の科学者たちに本学の最新技術に触れて頂いています。

→平成29年のレポート
→平成27年のレポート
 

自分の操作で目標のロボットを倒し大喜びの参加者

親子連れにアルミ風鈴の作り方を丁寧に教える係の学生

「できました」と歓声を上げる参加者

大学、短大案内、教育・研究活動報告をブースに展示。来場した高専の学生に本学のロボットについて説明する担当者

資料請求