教育施設
モノづくりセンター

自由に楽しくアイデアをカタチに!学生たちの夢が詰まったFIT自慢の施設

福工大ならではの大規模なモノづくり拠点。
ユニークなプロジェクトの活動を通し、技術者に必要な力を磨くことができます。

1

機械の使い方などの初歩から専任の技術スタッフが指導

製作中にわからないことがあっても心配は無用。豊富な知識と技術をもった専任スタッフがアドバイザーとして常駐。いつでも相談することができます。

2

朝9時から夜9時までいつでも好きなだけ利用可能

時間内はいつでも好きな時に利用できるので、授業の合間や休み時間だけでなく、放課後も遅くまで仲間同士でモノづくりを楽しむことができます。

3

機械や備品が何でも揃うまさに夢のような場所

他大学では見かけることのない工作機械をはじめ、工具や測定器、小物部品などを常備。数百種類もの基本パーツをいつでも安価で手に入れることもできます。

PDCAサイクルに沿った本格的な活動で本物の力を

「PDCAサイクル」とは、「PLAN(計画)」「DO(実行)」「CHECK(点検)」「ACTION(改善)」の4段階を繰り返すマネジメントサイクルのこと。
計画を立て、予算を出し、役割分担に沿ってモノづくりを行い、活動が終われば報告を行う…というPDCAサイクルで、技術者として活躍するための力を身につけます。

1年間の活動を通して授業では学べない社会力を養う

年間計画を立てることからはじめ、活動終了後には「プロジェクト成果発表会」を実施。学生の資料論文作成やプレゼンテーション能力の向上にも役立っています。

活動費を気にせず
モノづくりに没頭できる

誰でも気軽にプロジェクトに参加できるよう、活動費はもちろん、大会登録・遠征・運送費などの費用も大学が負担。モノづくりに専念できる環境があります。

設 備

現場さながらの最新鋭設備

NCフライス盤

数値制御機能を備えており、加工条件を入力するだけで、直線切削、汎用機械ではできなかった円弧切削を自動で行います。

photo_05-1.jpg

NC旋盤

精度の高い施盤加工は熟練を要していましたが、対話形式で加工データを入力するとプログラムが作成でき自動で切削できます。

3Dモデリング加工機

3D-CAD設計した造形品や試作部品製作などに用いる3D加工機。3Dモデルの設計に沿ってそのまま加工を行えるのが魅力です。

モノづくりセンター技術講習会

基本的な電気・機械の知識から大型機械の取扱いまで、モノづくりに関する技術講習会を行います。

講習内容

 

  講習内容
電 気 ① 電気の安全について、ハンダ付けの基本、電線処理、測定器の取扱い
電 気 ② 電子部品の見方、回路図の見方、制作方法
機 械 ① 機械の安全について、手工具、測定器、一般機械の取扱い
機 械 ② 旋盤、NC旋盤の取扱い
機 械 ③ フライス盤、NCフライス盤の取扱い
機 械 ④ アーク、ガス、TIG等の溶接機の取扱い
  • 機械の使用は、該当講座受講者に限ります
  • 年4回(5月・6月・9月・11月)行っています
  • 研究室等でのご要望は随時対応いたします

 

お申込み

 

  • α棟1階 モノづくりセンター受付まで 内線(2383) 

 

資料請求

バーチャルキャンパス

交通アクセス