福岡工業大学 総合研究機構

HOMEお問い合わせ
HOME > 科学研究費補助金 > e-Rad〔府省共通研究開発管理システム〕と科研費

e-Rad〔府省共通研究開発管理システム〕と科研費

e-Rad〔府省共通研究開発管理システム〕と科研費

e-Radとは

e-Rad[府省共通研究開発管理システム]とは、競争的資金制度を中心として 研究開発管理に係る一連のプロセス(応募受付→審査→採択→採択課題管理→成果報告等)を オンライン化する府省横断的なシステムです。

※「e-Rad」とは、府省共通研究開発管理システムの略称で、Research and Development(科学技術のための研究開発)の頭文字に、Electronic(電子)の頭文字を冠したものです。

e-Rad〔府省共通研究開発管理システム〕
e-Rad〔府省共通研究開発管理システム〕のサイトはこちら

本システムの対象

本システムが対象としているのは、競争的資金の全てと、プロジェクト研究資金と呼ばれる研究資金の一部です。プロジェクト研究資金のうち対象となるのは下記条件を全てを満たすものです。

 (1)予め研究目標等が設定され、一定期間研究を実施、
 (2)研究者または研究チーム単位に配分、
 (3)人件費及び施設・設備整備費を除き一定規模超

そのため、配分機関(競争的資金等を配分している各府省及び独立行政法人等)の業務担当者だけでなく、研究課題を応募する研究者、大学等の研究機関の事務担当者、PD(プログラムディレクター)・PO(プログラムオフィサー)、評価者等も、本システムの利用者となります。

システム化による効果

研究者は、オンライン化によって、手続きが迅速化・効率化します。

配分機関では、オンライン応募によって効果的な審査・採択手続きが可能になり、課題管理の負荷が軽減します。 また、不合理な重複、過度の集中の排除のための支援が受けられます。研究機関では、自機関に所属する研究者の研究活動の応募採択状況を本システムで把握できるようになります。

e-Rad利用について

e-Radの利用方法はこちらのページをご覧下さい。

このページのTOPへ