福本研究室  福岡工業大学 情報工学部 情報工学科

教授:福本 誠(Makoto FUKUMOTO), 教員居室C81 研究室C85

〒811-0295 福岡市東区和白東3-30-1  E-mail: fukumoto (at) fit.ac.jp

- Introduction -

福本研究室では,人間とメディアとのインタラクションに着目した研究を行っています.
研究分野は,
   ・音楽情報処理   ・感性工学
   ・ヒューマンメディアインタラクション
   ・生体計測      ・進化計算
などです.これらを組み合わせたテーマについて,解析や応用などの研究を行っています.
これまでにない「人間に寄り添うメディア」の作成手法の構築を目指し,日夜精進しております.
 
- Contents -
       

 

- News -
●国際会議SNPD2017(6月26-28日,金沢)にて,Special Session "Evolutionary Computation and Its Application" を花田先生と企画しました.また,このSessionにおいて,M1の野村君と福本が,下記の発表を行いました.
   “Asynchronous Distributed Interactive Genetic Algorithm for Creating Music Melody Reflecting Multiple Users' Feelings”
   “A Proposal of Interactive Tabu Search with Paired Comparison and Differential Vector for Creating Fragrance”
●FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム,9月12-14日,東京)にて,福本が下記の発表を行いました.
   “対話型タブーサーチによる製品に合う香りの生成”
●9月15〜17日に京都産業大学において,生体認証と感性工学に関する国際会議ICBAKE2017を開催しました.御発表・御参加頂きました皆様,どうもありがとうございました.
また,同国際会議にて,M1の野村君が,下記の発表を行いました.
   “Distance Analysis of Music Melodies Created by Distributed Interactive GA”
●生命ソフトウェア&感性工房合同シンポジウム2017にて,福本が下記の発表を行いました.
   “ユーザの飽き状態推定に基づくアンビエントな楽曲調整”
●国際会議ISIS2017にて,福本が下記の発表を行いました.
   “Influence of pronunciation time of bass guitar on perceived groove”
●国際会議GECCO2018にて,福本が下記の発表を行う予定です.
   “A Proposal for Distributed Interactive Differential Evolution -In A Case of Creating Sign Sounds for Multiple Users”


情報工学科のホームページへ戻る


本ホームページは随時更新しております。
Last updated was on March 26th, 2018.
Copyright© 2006-2018 Makoto FUKUMOTO