学生FD活動

学生FD活動

本事業を通じてCSの育成と活用が進展し、CSの活躍を受講者として間近に見てきた学生が次年度にCSとなるタテの繋がりが生まれてきたことが認められています。また、参加授業の振り返りやCS合宿研修等を通じた情報交換やノウハウ共有から、ヨコ(CS同士)、ナナメ(他学科のCS)でのピアラーニングの萌芽も見られ、CSメンバーはアクティブ・ラーナーとして学生の啓蒙グループに育っていると言えます。こうしたことを背景にして、本学の学生FD(団体名:「FIT-join」)は、CSコミュニティを活用し、CS経験者を中心として発足。本学の授業改善を教員・職員・学生の三位一体で改善・向上させようとする取り組み、およびそれに関わる活動として展開してきました。また、学生FDスタッフは本学の授業改善を学生の視点から教職員と一緒に考え、教職員と学生をつなぐ活動によって本学での「学びのコミュニティづくり」の役割を担うことが期待されています。

活動紹介(平成29年度)

新入生オリエンテーションの企画・運営

初対面の学生同士の緊張をほぐしてもらうために、アイスブレイクではコミュニケーションゲームを実施。また、大学内の教育・研究施設の場所を知ってもらうための学内オリエンテーリングも行いました。

教職員と学生FDスタッフとのALについての懇談会開催

「アクティブ・ラーニングについて話をしよう!」をテーマに、教職員&学生懇談会を開催。本学でALの全学的、組織的な展開を推進している中で、授業を受講している学生たちがAL型授業をどのように捉え、どのように感じ、何を身に付けているのかについて、教職員と学生FDスタッフで意見交換を行いました。

教員インタビュー実施

学生FDスタッフが教員(FDer)2名にインタビューを実施。「受講生の理解度を高めるために授業で工夫している点」、「様々な工夫をされている中で、苦労された点」、「今後の授業でどのような取り組みをしてみたいか」等について記事にまとめ、インタビューを行ったスタッフの気づきを含めて、広報誌「Future Design」(次項参照)に掲載しました。

広報誌「Future Design」発行

本学の学生FD活動について、学内外での理解を深めてもらうために広報紙を発行。学生FD活動の紹介や活動レポート、教員インタビュー記事等を掲載。学生FDスタッフ自身のことばで、「学びのコミュニティづくり」の役割を担っていきたいという熱いメッセージが発信されています。

授業に関する学生へのアンケート実施

「学生による学習意欲調査」を実施し、400を超える回答を得ました。質問内容は、授業への満足度や、授業へのモチベーションに関する自身の取組みおよび授業の要素等について問うもの。授業改善につながる貴重な学生意見として、回答内容の分析と活用を進めていきます。

PAGETOP