【留学レポート】中国 大連理工大学からの科目等履修生

3月 26th, 2018

皆さん、こんにちは。
本日は、中国大連理工大学からの科目等履修生、シュウ イホウさんの留学レポートをご紹介します。
シュウさんは2017年4月より1年間、本学に留学していました。学業はもちろん、様々なイベントに参加をし、本学学生とも交流を深めるなど、とても有意義な留学生活を過ごされました。ぜひご覧ください。

【国際戦略室 2018.3.26】

***************************************

大連理工大学

シュウ イホウ

日本で、一年間を経ちました。時間がすごく速く流れていきました。本当に楽しかったです。

最初、日本語で勉強することが難しかったです。先生の日本語が早かったです。時々、聞き取れませんでした。言葉が分からないと、勉強できませんでした。これを通して、私の日本語は、まだまだとわかりました。ですから、もっと頑張らなければならないとしっかりわかりました。授業前に、しっかり予習することが大切です。分からない言葉を調べて、よく理解して、授業を大体理解できるようになりました。先生達も、優しくて、私の質問に、よく答えてくれました。この優しさは、私を感動されて、私を励ましました。今の私、先生の日本語も聞き取れるようになりました。日本人の友達ができて、私のレスリングに役に立ちました。この留学の一年間のおかげで、私の日本語がすごく高めました。

日本での生活がすごく便利だと思います。コンビニがあれば、何でもできる気がします。私は、711というコンビニでアルバイトをしました。疲れましたですが、楽しかったです。店長さんも優しいし、何でもあれば、私には優しく詳しく、説明してくれました。日本人は、ほんとうに優しいだというイメージがありました。日本での一年間は、本当に色んな思い出を残しました。学校の先生も色んな外国人向けのイベントを行いました。たとえば、「節分」という祝日の由来を説明して、みんな一緒に遊びました。また、私たちを集まって、いっしょにお祭りに参加しました。そして、来たばかりの時、せっかくに桜が咲いていました。すごく綺麗な桜は、私の目に、私の人生に、残しました。これらは私にとって、一生で忘れない大切にしたい思い出です。桜は、大体、一週間ご、枯れましたが、私の思い出での桜、いつも綺麗に咲いています。

「日本に来た、良かった、福岡工業大学に来た、良かった」と思いながら、泣きたいです。やはり、日本、日本の友達、福岡工業大学に、「さよなら」と言いたくないです。「また、来て、会える」と思いながら、日本での思い出を思い出して、しっかり覚えたいです。

日本に来て、一人暮らしを始めて、私は本当に成長したと思います。心が強くなりました。病気になったり、面倒くさい手続きをしたりするのは、もうたいしたことではないと思います。完璧に解決することがまだできませんが、もう怖がることもありませんでした。

日本での一年間のおかげで、今の成長した私になりました。

先生たち、いつもお世話になっております。ありがとうございます。ほんとうに心から感謝いたします。

留学レポート【中国 大連理工大学からの科目等履修生】

2月 26th, 2014

年度末も近づき、留学生が母国に帰る時期となりました。寂しい反面、日本で様々な経験をし、充実した顔で帰国する学生を見るとまた会える日が一層楽しみになります。本日は、本学で1年の留学を修了した大連理工大学4年生 彭琳さんのレポートを紹介します。

【国際戦略室 2014.2.26】

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

                                              大連理工大学4年生

                                               彭琳(ホウ リン)

 

あっという間に、一年間が飛び去りました。

去年の四月に始めて日本に来ました。飛行機の中に、美しい雲と島々の姿を見ると、「やっと日本に来た」と思って、とても興奮でした。当時の福岡工業大学は、桜の花が池の周りに満開して、その美しさに心を打たれました。そして、一年間の生活を期待して、わくわくしました。その時の気持ちは今でも忘れず、昨日のことのように鮮明に思い出せます。

この一年間はたくさんのいい体験をしました。4月に、花見を見ました。雨で桜の花がほとんど落ちてしまったが、小雨の中の葉桜も美しかったです。また、福岡タワーと太宰府と防災センターに見学に行きました。5月に、博多どんたくに参加しました。博多どんたくは福岡市民の祭りので、参加したら、自分も福岡市の一員になったと感じました。みんなの笑顔を見ると、自分も嬉しくなりました。博多どんたくの後は留学生文化祭、私たち五人は1月ぐらいに練習していた、皆さんの前に踊る時は満足でした。7月に和白東夏祭りに参加しました。浴衣を着て、焼き鳥を食べたり、ビールを飲んだりして楽しかったです。9月に研修旅行に行きました。にぎやかな商店街や、静かな神宮や、歴史が長いの熊本城など、さまざまな美しい景色を見ました。それだけではなく、示現流の剣道と鹿児島の砂蒸も体験しました。11月に福岡国際センターで大相撲を観戦に行きました。相撲は日本の「国技」で、以前から見たかったです。本場に行って見ると、日本の伝統文化についての認識が深くなりました。12月に、クリスマスパーティーに参加しました。ゲームをしたり踊ったり、非常に楽しかったです。

ホウリン②

 

 

遊ぶことだけではなく、この一年間に、初めてアルバイトをしました。最初、5時間に連続に働いた後、疲れて堪らなかったです。そして、だんだん慣れてきて、仕事の楽しみを感じてきました。自分の力でお金をもらうと、「私も自立したんだ」と思って、達成感が非常に強かったです。自分の給料で家族や友達にお土産を買うと、なんとなく自慢と思っています。それに、職場で他人にサービスを提供して、お客さんから笑顔をもらうことはとても満足でした。また、以前はコンビニのレジさんは自動販売機と見なして、あまり注意しなかったが、自分もレジをしたら、「この人も私のように楽しみも悩みもある人間だ」と見直して、他人への理解が深くなりました。これは私に対して一番勉強になることです。

自分の日本語はまだ下手ですが、皆さんのおかげで、一年前より進歩してきました。

 

この一年に、楽しいこともあるし、つらいこともあります。しかし、これは私に対して成長するスピードが速い一年間です。一人暮らしで、自分でご飯を作ったり、掃除をしたりしなければなりません。異郷で生活して、自分は初めて「外国人」として生きています。自分も母国の代表の一人ので、失礼なことをやるなら更に恥ずかしいと思います。ですから、日本の習慣を真似んで、自分の振る舞いを変わります。時々、国内の友達や家族や中華料理などを思い出し、懐かしいと感じます。自分は異郷人としての生活も、もともと慣れてきた母国での生活も、両方でも大切な経験になりました。

福岡は景色も美しくて物価も低い、とても住みやすい町だと思っています。福岡工業大学の先生たちは親切で、まことにお世話になりました。福岡工業大学の学生たちはとても優しくて、特にFIT-ICEの皆さんから、いろいろ助けてくれました。いろいろの人と出会って、いろいろの人から勉強して、感謝の気持ちがいっぱいになります。皆さんのおかげで、この一年間は楽しく過ごしました。福岡工業大学で一年間の交換留学するチャンスをもらったのは、本当によかったと思っています。日本にいる一年間、一生も忘れないよい思い出になりました。

帰国後の生活と勉強にも、必ず頑張ります。

ホウリン①

大連理工大学留学生が入国

3月 31st, 2010

中国姉妹校である大連理工大学からの初めての留学生6名が、昨日、無事に入国しました。これからの1年間、6名の留学生は科目等履修生として本学で学びます。初めての日本でいろいろと戸惑うこともあるかもしれませんが、皆さんが有意義な留学生活が送れるように応援しています。

e5a4a7e980a3

 

Continue reading »