工学部生命環境化学科生命環境化学基盤コース/生命環境化学アドバンスコース

生命環境化学科オリジナルサイト

生命環境学科は、2018年4月より『生命環境学科』へ名称変更をしました。

無限の可能性に「化ける」学び

私たちを取りまく自然環境や資源・エネルギー問題、生きる上で大切なバイオや食品に関わる課題。いずれの分野においてもそれら多くのテーマを解決するには、「化学」「物理」「生物」をベースにした知識の修得、応用する力と技術が必要です。ここ生命環境化学科は、基礎から応用までしっかり学べる充実したカリキュラムと幅広い研究分野が特長です。将来、さまざまな分野での課題に対して柔軟に対応できる技術者を育成します。未来のテクノロジーを支える新たなひらめきが、今日もこの場所で生まれています。

学習領域

化学を基本に4つの分野を実践的に学ぶ「環境/エネルギー」「物質化学」「バイオ」「食  品」

1〜2年次は化学の基礎を学び、3年次にはそれぞれの分野を専門的に学修。4年次の卒業研究や大学院では、これら4つの分野の研究に没頭します。化学は実験の学問でもあります。より多くの実験科目を通して、座学だけでは学べないさまざまな知識・経験を積むことができます。

学びのキーワード

  • バイオテクノロジー
  • 遺伝子工学
  • ナノマテリアル
  • 界面活性剤
  • 加工食品
  • 環境汚染問題
  • 環境材料
  • 機能性材料
  • 機能性食品
  • 化粧品

卒業後の進路

  • エネルギー系研究・技術者
  • 化学系研究・技術者
  • 化学メーカー
  • 企業内研究員
  • 化粧品会社
  • 中学校・高校教員
  • 材料メーカー
  • 食品・医薬品メーカー
  • 半導体メーカー
  • プラントエンジニア

4年間の流れ

1年次

自ら考え行動する。 主体性や計画性が 身につきました。
井村 日南野 さん (福岡県 宗像高校 出身)

化粧品に関する研究テーマに興味を持ち本学科を選択しました。今、履修授業とプライベートをバランスよく計画的に組み立てています。先端環境化学演習の授業や、食品農医薬品研究センターでは、今までできなかった化学分野の実験が可能になるため、より意欲的に学び研究テーマを成功させたいと思っています。

理系科目を中心に
基本から学び、
技術者としての基礎をつくる。

数学・化学・生物学・物理学など、技術者として必要な基礎科学分野を中心に学び、2年次からの学びの土台をつくります。また、高校で履修しなかった科目に関しても、しっかりとフォローします。後期からは実験室での化学実験も始まり、実際に器具や装置の使い方、洗い方などの基本や実験の流れ、レポートの書き方などを学びます。

Pick Up 授業

化学実験(コア科目)

化学実験を行う上で不可欠な基本的スキルを修得。アセチルサリチル酸の合成や酸の塩基滴定など、さまざまな実験を行います。座学では学べない、化学実験に必要な基本操作や器具の取り扱いなどを体得します。さらに化学への理解を深めながら、技術者としての正しい形式・言葉遣いでレポート作成を行う訓練としても重要な授業です。

続きを読む

2年次

応用力が試される 演習や実験の 授業が面白い!
松島 蓮 さん (福岡県 糸島高校 出身)

1年次に基礎を身につけたおかげで、演習や実験に役立っていると感じます。今、アドバンス科目で、透明な紙を作る研究を進めていますが、物質・素材に関する仕事に就きたい私にとって、大変興味深く面白い授業です。また、この研究をきっかけに教授や院生の先輩との交流が増えました。今後は危険物取扱の資格取得や英語力も磨く予定です。

知識を発展させるとともに、
数多くの実験を通じて
スキルアップを目指す。

物理化学・有機化学・環境科学など、生命環境化学各分野の発展的な科目を中心に学ぶことで、広い視野と深い思考力・分析力を養います。また、生物学実験や機器分析化学実験など、たくさんの実験をこなすことで、より正確でスピーディーな実験を行うスキルを高めていきます。3年次のコース選択に向け、目指す将来を考える時期でもあります。

Pick Up 授業

機器分析化学実験(コア科目)

生命環境分野でよく利用されている機器分析法のうち、1年次に使用していない蛍光分光法、ICP発光法、HPLC、TOC分析法、キャピラリー電気泳動分析法、電気化学分析法の原理及び使用方法をマスターするとともに、標準試料や実試料の分析を行い、データを整理し、科学的な考察を行います。

続きを読む

3年次

使った人を 笑顔にできる 化粧品を作りたい!
田上 真央 さん (福岡県 三井高校 出身)

美容分野に興味があり、化学の知識を深めるために生命環境化学科を選択しました。不安要素だった生物や化学の授業も、先生の丁寧な指導で基礎固めができました。専門的な授業が多くなる中、なぜそうなるのかという原理から考え答えを導けるようになり、自分の成長を実感しています。今、化粧品検定1級取得を目標に学びを深めています。

コースに分かれ、
それぞれの専門分野を深めることで
技術者として飛躍する。

物質工学やエネルギー循環工学など物理・化学をベースにした「環境エネルギー・物質化学系」、分子生物学や食品微生物学などの生物・化学をベースにした「生命化学・食品化学系」の2つのコースに分かれ、各専門分野の発展的な学修へと大幅にシフトします。より高度な実験機器を利用する機会も増え、技術者としてより一層のレベルアップを目指します。

Pick Up 授業

<環境エネルギー・物質化学系>
環境物質工学実験

最先端の知識を修得。液晶や高分子などのナノ物質、光触媒などの環境浄化材料、太陽電池などのエネルギー関連、資源・リサイクルの実験を行い、電子顕微鏡などの高度な操作も身につけます。

Pick Up 授業

<生命化学・食品化学系>
環境生命工学実験

バイオ関連分野の各種実験を実施。「細菌の同定試験」「DNAの分離・精製」「電気泳動によるタンパク質の解析」など、微生物学・生物工学・遺伝子工学等のバイオ関連テーマの実験を行います。

続きを読む

4年次

どうなるか 分からないから面白い! とにかく 「やってみる」ことが 大事です。
日永田 智史 さん (福岡県 筑紫高校 出身)

現在は、鉄の製造時にできる廃棄物から資源回収する研究に取り組んでいます。研究は授業と違い、すべての答えが準備されているわけではないので、思うようにいかないこともありますが、その分実験を繰り返し、答えを出す楽しさを実感しています。私の専門はまだ成熟した分野ではないので、社会に出てからもこの勉強を続けていきたいと思います。

4年間で学んだ
知識や技術を組み合わせ
研究に没頭。

1・2年次で学んだ各科学分野の基礎と、3年次で学んだ高度な応用分野の知識や技術を結集し、各研究室で大学院生の先輩方とともにチームを組んで研究に取り組みます。研究では環境問題の分析から、それを解決する素材や技術の開発まで、各研究室それぞれ独自の方法でアプローチし、さまざまな環境問題の解決に取り組みます。

研究テーマ例

  • 天田研究室

    環境汚染物質を分解する酵素の解析

    環境汚染物質を分解する微生物を分離培養し、それらの遺伝子や酵素を精製し、解析しています。

  • 久保研究室

    廃棄物に含まれる未利用資源の分離回収

    金属製錬、選択粉砕、超伝導磁石などを用いた低環境負荷型リサイクル技術の開発を進めています。

  • 呉研究室

    新規生体・環境分析法の開発

    光や電気泳動や金ナノ粒子を利用した新規生体・環境試料の分析を進めています。

  • 北山研究室

    ソーラーフュエル:水の光電気化学分解による水素生成に関する研究

    無尽蔵の太陽光エネルギーによって水を分解し水素を得るこの新技術は、エネルギー問題を解決します。

  • 蒲池研究室

    コンピューターシミュレーションによる化学探求

    計算化学の手法を使い、材料や触媒などの物質化学、酵素や創薬などの生命化学について探求しています。

続きを読む

研究の現場から

生命体の起源に迫る、新たな発見も夢ではない

三田研究室

有機物分析を通して環境と生物活動の関わりを探る

只今、藻の一種であるマリモの分析の真っ最中。生命がどのように誕生してきたのか。極限環境に生息する生命がどのように適応するのか。さまざまな環境試料中の有機物を分析することで、その環境での生物活動を調べているのだ。この中で、生命の起源や地球外生命についての知見が得られることも期待されている。

宮元研究室

ナノシート液晶の合成と
新素材としての活用

鉱物と水から「ナノシート液晶」と呼ばれる新物質を合成します。この液晶は、石油から作る従来の液晶と異なり、無機物としての特別な性質を持ちます。プラスチックに混ぜると軽くて丈夫で燃えにくい新素材が得られます。ゴムやゲルに混ぜると、1つの方向に強く伸縮する人工筋肉のような素材を作ることができます。

長谷(田丸)研究室

未利用の農水産物を有効活用し
農水産業活性化を図る研究

生産過程で間引きされる未熟果実や用途の狭い茸類などの農産物を用いて、美味しくかつ健康維持・増進に役立つ加工食品の開発・評価を行っています。つまり、物性や嗜好性が優れているか、かつ、生活習慣病予防効果を有するかを検討することで、加工食品に付加価値を与える研究です。

資格

食品系資格や中学校教諭(理科)に対応したカリキュラムと資格取得支援。

食品衛生管理者・食品衛生監視員や毒物劇物取扱責任者資格取得の認定校になるなど、食品化学や物質化学、生命化学、環境分野の資格取得に向けた支援が充実しています。

取得できる資格 食品衛生管理者、食品衛生監視員 / 毒物劇物取扱責任者
取得できる教員免許状 高等学校教諭一種(工業、理科) / 中学校教諭一種(理科)
※本学で唯一、理科の教員免許が取得できます。
取得を支援している資格 公害防止管理者(水質) / 危険物取扱者(甲・乙) / 環境計量士 / 環境測定分析士 / バイオ技術者認定 / NR・サプリメントアドバイザー®

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)
※資格の教職免許については、再課程認定申請中です。ただし文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

就職

就職率 100%
(2018年3月卒業者実績)

  • 全卒業者………………89
  • 就職希望者…………………76
  • 就職者…………………76
  • 大学院進学者数…………………8
【就職状況】

就職先一覧 過去3年実績一部抜粋

フランソア/日本テキサス・インスツルメンツ/伊藤園/化学及血清療法研究所/東芝プラントシステム/山崎製パン/西日本シティ銀行/ロイヤルホールディングス/日本サンガリアベバレッジカンパニー/日本郵便/イオンフードサプライ/再春館製薬所/新興プランテック/九電工 他

内定者メッセージ

生命環境化学科の学びを
会社や社会貢献に役立てたい!

武藤 茜 さん

工学部 生命環境化学科 4年 (福岡県 福岡講倫館高校)
内定先:日本テキサス・インスツルメンツ株式会社

面接練習のおかげで、留学先での経験や、ボランティアイベントの立ち上げなど、今まで挑戦してきた多くのことを、自分の言葉で伝えることができ、結果につながったと思っています。今は、就職先で主に扱う半導体について、知識を身につけているところです。就職後は、知識と経験を基に、新しい視点から今までにない発見をしたいと思っています。

在学中に培ったコミュニケーション能力は
社会に出ても必ず役に立ちます。

大坪 晋三 さん

工学部 生命環境化学科 4年 (福岡県 久留米高校)
内定先:山崎製パン株式会社

入学前から、化学を活かした食品関係の仕事に就きたいと考えていたので、本学科の学びは、私の将来に活かせる内容ばかりでした。ゼミでは主にビフィズス菌の検出を行い、アルバイトも食品を扱う業種を選び知識と経験を重ねました。自己分析に力を入れ、在学中に高めたコミュニケーション力を発揮できたことが内定につながったと思っています。

教員メッセージ

「化学」を中心とした授業編成。食品やバイオの教育・研究も一層充実。

生命環境化学科 学科長 北山 幹人 教授

「化学」は、機械や電気とともにモノづくりを根底から支える基幹産業の一分野である「化学工業」の基盤であるだけでなく、「食品」や「バイオ」の基礎となる学問です。本学科では、多様な実験科目によって「化学」をアクティブに学べ、企業の即戦力になる技術職・研究職の養成を目指します。また、化学の諸分野を広く学べるので、企業ニーズの高い技術営業職としても活躍できます。2018年度には「食品・農医薬品研究センター」が開設され、成長が著しい食品やバイオ分野の研究環境が今以上に充実します。今後も理科・化学や実験が大好きな学生が、生き生きと学べる学修環境づくりに力を入れていく予定です。

※学生の学年表記は取材時のものです。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ