工学部電子情報工学科

電子情報工学科オリジナルサイト

現代エレクトロニクスに不可欠な
エンジニアを育成。

電子デバイスから回路、コンピュータ、ソフトウェアまで、理論と実践を融合した学びで、応用力・創造力を育成します。ロボットや携帯電話など、複合的な技術を用いて構成される現代エレクトロニクスについて、ハード系の電子技術力とソフト系の情報技術力を総合的に養います。

学習領域

電子技術(ハード)と情報技術(ソフト)が一体化した総合システム(エレクトロニクス分野)を学びます。携帯電話から産業用ロボットまでに用いられている技術です。「電子技術(電子回路)(電気・電子計測)(電子デバイス):LSIなどの半導体素子を応用する電子技術(ハード)の基礎である、電気・電子回路分野と半導体デバイスなどの物性材料分野をしっかり学びます。」「情報技術(プログラミング)(コンピュータ工学)(マルチメディア技術)電子情報をコンピュータで制御する情報技術(ソフト)の基礎であるプログラミングとコンピュータの仕組みをしっかり学びます。」「総合システム」携帯電話などの組込み機器/ロボット/自動制御システム電子技術(電子回路、電気・電子計測、電子デバイス)と情報技術(プログラミング、コンピュータ工学、マルチメディア技術)の総合システム 携帯電話などの組み込み機器/産業用ロボット/自動制御システム

学びのキーワード

  • 電子部品
  • 半導体
  • アンドロイド
  • インターネット
  • クラウドコンピューティング
  • 3D カメラ
  • MEMS(微小電気機械システム)
  • スマホ・タブレット
  • 太陽光発電
  • インバータ

卒業後の進路

  • コンピュータ技術者
  • システムアドミニストレータ
  • 電機メーカー
  • 電子・電気系研究・技術者
  • 電設設計会社
  • ネットワーク技術者
  • 半導体メーカー
  • 無線通信技師
  • 医療機器メーカー
  • 電気工事士

4年間の流れ

理論と実践を融合した学びで、応用力・創造力を育成。現代エレクトロニクスの技術者に必要な知識・技術力を養います。

1年次

恵まれた学習環境で、自ら行動する力がつきました。
木村 成美 さん (香川県 高松中央高校 出身)

福工大は先生や職員の方が親切で、意欲的な学生もたくさんいるのが魅力です。授業も事前に動画で予習ができたり、グループで問題を解く時間があったりと、高校までとは違ったスタイルで面白いです。まずはしっかり基礎を固めて、第一級陸上無線技術士の資格取得や大学院進学など、さまざまなことにチャレンジしていきたいと思います。

まずは自然科学の基本から。
しっかりと基礎を固めるから、
その後の伸びがちがう。

専門分野の勉強に向けて、ベースとなる数学や物理などをレベル別の少人数クラスで学び、エンジニアとしてのしっかりとした基礎をつくります。また、座学だけでなく実際に体験できる実践型の授業スタイルを取り入れることによって、モノづくりの楽しさや喜びを感じられる動機づけを行い、学ぶ意欲を高めます。

Pick Up 授業

プログラミングⅠ

ソフトウェア開発に必要なプログラミング技術の基礎を学びます。最もよく利用されているC言語を中心に、さまざまな演算子や条件文を用いてプログラミングの入門的な内容を、実際にPCを操作しながら学習します。毎回の講義内容はすべて動画としてネット公開されるので、分からない所も繰り返し自分のペースで勉強することができます。

続きを読む

2年次

実験は、理解を深める楽しみを教えてくれました。
木下 賢也 さん (福岡県 京都高校 出身)

2年次では電気回路や電子回路の基礎を学んでいます。特に実験は学んだことを確認でき、学習意欲も掻き立ててくれます。2年次では内容がより専門的になり、教科書だけでは分からないことが多いため、資料が豊富な大学の図書館に通って理解を深めています。

理論と実践を通して
電子情報工学の基礎を学び、
専門分野のトビラをひらく。

電気回路・電子回路・計測制御・情報処理・半導体デバイスなど電子情報工学の基本となる各分野を理論と実践で学びます。専門知識の幅を広げるとともに、演習を通してエンジニアとしての技術力も高まります。また同時に、自分の進むべき方向性を考える大切な時期でもあります。

Pick Up 授業

電子回路

電子回路Ⅰ、Ⅱおよび電子回路応用、電気電子回路実習から構成される電子回路関連科目は、電子情報工学のひとつの柱です。半導体の物性、ダイオード、トランジスターなどの能動素子の原理、増幅回路の基礎および応用などを中心に学びます。また、毎回演習問題を解くことで理解度を確認し、実践的感覚を身につけます。

続きを読む

3年次

自分の好きなモノづくりの実験が今は一番楽しい!
藤崎 晴香 さん (福岡県 新宮高校 出身)

ハード・ソフト両方のスキルを極めたいと思い本学科を志望しました。今、一番楽しい授業は「創成実験」です。この授業では、時間をかけて自分の好きな実験にとことん取り組めるのが魅力。2年次までの基礎を応用させ、モノづくりの醍醐味を味わえます。これからは4年次に向けて志望分野を絞って、卒業研究でしっかり突き詰めていきたいと思っています。

2つの専門分野それぞれの
応用分野を学ぶ。
エンジニアとしての成長期。

2年次までの基礎的な学びを組み合わせた応用分野を学び、つくる技術・動かす技術の両方を身につけます。また、総合科目や創成実験などで基礎力と応用実践力を高め、現代エレクトロニクス技術者として大きく成長します。

Pick Up 授業

創成実験

デバイス系、回路系、情報系、総合系から自分でテーマを設定し、2年次までで学んできたさまざまな知識や技術を活用しながら実践的に学ぶ授業です。チームで企画し協力して課題に取り組み、失敗を重ねながら挑戦し続けることで理解を深めるとともに創造力を育んでいきます。

続きを読む

4年次

大学院への進学を決意!もっと学んで夢を叶えたいです。
竹内 康洋 さん (福岡県 九州産業大学付属九州高校 出身)

入学時は就職を考えていましたが、「もっと深く学びたい」と意識が変わり大学院進学を決意しました。今は3年次までの総復習と応用を中心に、さらに理解を深めています。主にレーダーでとった地形のデータをさらにキレイに加工し、津波の高さを計測する研究を行っていますが、この研究が、将来人の役に立つ製品の開発へとつながって欲しいです。

学びのすべてを、
研究に注ぐ。
大学生活の集大成。

本格的に研究室に所属し、これまでの学びを総結集して卒業研究に取り組みます。卒業研究では、さまざまな社会の課題に対して各専門分野を活かした対処や解決方法を学びます。また、4年次では就職活動や大学院入試など、その後の進路に向けた活動も本格化し、まさに4年間の集大成となる1年となります。

研究テーマ例

  • 片山研究室

    高性能光システムに向けた新規な機能性光学素子

    超大容量光メモリ等の光システム実現に不可欠な、ナノフォトニクス技術を駆使した機能性光学素子の研究。

  • 野瀬研究室

    ニュートン多面体を用いた調和解析学における漸近解析

    数学の一分野である調和解析学において、特異点論などに現れる「ニュートン多面体」という図形を用いた解析を行っています。

  • 山﨑研究室

    ヒトの脳における目からの視覚情報の処理機構

    目で見たものが脳の中でどのように取り扱われ形を認識しているのかを、視覚実験を通して調べる研究です。

  • 前田研究室

    低次元ナノ材料の物性・機能と電子材料応用の研究

    グラフェンなどの2次元物質原子層の作製コストを低減する成長法と超高感度センサ応用の研究を進めています。

  • 小野美研究室

    超伝導体を利用した高速・低消費電力信号処理回路

    極低温下で超伝導特性を示す金属系超伝導体を利用した電子回路の研究を行っています。

続きを読む

研究の現場から

夜でも、災害を「ツカむ」テクノロジー。

近木研究室

レーダー画像の高精細化への研究

例えば洪水が、夜や雨の日に発生した場合。ヘリによる光学撮影が困難な場合でも、災害状況をひと目で把握できるマイクロ波を使ったレーダー画像。複数枚の画像を重ね合わせることで、その精度も向上する。撮影した画像を分割し、細かな歪みをプログラムで補正していく。未来の命を救うテクノロジーが、ここにある。

松木研究室

自動車事故防止のための
運転支援装置に関する研究

「どうすれば交通事故を防ぐことができるのか」をテーマに研究を展開。そのひとつに、運転者の居眠りや注意力の低下を未然に防ぐ運転支援装置の開発があります。これを設置すれば、運転者の顔や眼の映像をコンピュータが解析。居眠り状態などを判定・警告することができ、交通事故防止に貢献することができます。

江口研究室

非加熱食品加工のための
磁性部品を用いない高電圧発生回路の開発

水中への高電圧放電で発生する衝撃波で果物や野菜を瞬時に破砕・軟化する非加熱食品加工は、従来の熱やマイクロ波の加工と比べ栄養破壊が起こらず、高齢者や乳幼児にも食べやすく、栄養価の高い食品開発が可能です。本研究はその加工システムの開発を行っており、食の改善に期待されています。

資格

就職に役立つ情報・無線系資格取得を各種講座でサポート。

資格取得支援のための科目を3科目設置している他、課外講座を通年及び夏期集中で5講座実施し、支援環境を整えています。

取得できる教員免許状 高等学校教諭一種(工業)
取得を支援している資格 第一級陸上無線技術士 / 第一級陸上特殊無線技士 / ITパスポート / 基本情報技術者試験 / MOS(Microsoft Office Specialist)

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)

就職

ハードとソフトの総合的知識を活かし、電子情報系企業のキーパーソンとして活躍。

就職率 100%
(2017年3月卒業者実績)

  • 全卒業者…………………82
  • 就職希望者…………………77
  • 就職者…………………77
  • 大学院進学者数…………………5
【就職状況】
情報処理30.0%、建設業25.7%、情報・技術サービス業18.6%、その他のサービス業18.6%、製造業12.9%、卸・小売業4.3%、通信業1.4%

就職先一覧 一部抜粋

ソニー/東芝/日本放送協会(NHK)/きんでん/ゼンリン/関電工/協和エクシオ/大王製紙/大分キヤノン/東芝メディカルシステムズ/日本無線/NECネッツエスアイ/TOTOメンテナンス/キヤノンシステムアンドサポート/日立ビルシステム/NECソリューションイノベータ 他

内定者メッセージ

大学のさまざまなサポートで夢を実現。
多くの人を笑顔にする技術者に。

吉村 聡志 さん

工学部 電子情報工学科 4年 (福岡県 鞍手高校)
内定先:日本放送協会(NHK)

幼い頃からTVが好きで、この業界を目指していました。その想いが強くなったのは東日本大震災のとき。電波を使ってもっと人を助けたい!と思ったのがきっかけでした。消極的な自分でも、自信を持って面接できたのは、マンツーマンの就職サポートのおかげです。2020年の東京五輪で、自分の仕事が多くの人に感動を与えられるよう頑張ります!

貴重な体験をこれからに活かし、
世界を視野に入れたモノづくりを。

安部 寛二 さん

大学院 電子情報工学専攻 修士2年(福岡県 香椎工業高校)
内定先:ソニー株式会社

モノづくりには幼い頃から興味があり、専門分野を深く学べる大学院に進学しました。新しい食品加工のための高電圧発生回路の研究を中心に、多くの学会に参加できる貴重な体験をしています。また、英語力をつけたく週一で英語のレッスンにも参加しています。将来はグローバルな会社で、世界を視野に入れたモノづくりに携わっていきたいです。

教員メッセージ

スマホを生みだせるテクノロジストへ。

電子情報工学科 学科長 盧 存偉 教授

みなさんが持っているスマホは、本体(電子デバイス)とアプリ(情報ソフト)が一体となって動いています。またテレビ、ゲーム、家電なども電子デバイスと情報ソフトが不可欠です。その両方の知識がなければ、スマホなどは生み出せません。本学科では電子機器を「つくる」「動かせる」「使える」基礎から実践まで、幅広い電子情報スキルを実際に体験しながら楽しく学べます。

※学生の学年表記は取材時のものです。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ