研究紹介TOPへ戻る

受動歩行理論の教育教材と歩行補助器具開発への応用

分野
ロボティクス、メカトロニクス
キーワード
受動歩行、教育教材、補助器具開発
情報工学部 情報工学科

助教 兵頭 和幸

研究概要

受動歩行とは、

  • 坂での重力を利用した歩行で、モータなどの動力源や電気を用いずに歩ける。
  • 重力を上手く利用するため、人間に近い歩行とされている。

利点・特徴
  • 電気エネルギーの要らない省エネルギーな歩行
  • 重力を有効活用した人間に近い歩行
応用分野
  • 義足の制御、歩行補助器具の開発、教育教材への展開
  • ヒューマノイドロボットの省エネルギーな歩行制御