工学部電気工学科電気開発エンジニアコース/電気総合エンジニアコース

電気技術者として幅広い分野で活躍できる専門性を育成。

電力、情報、制御、電気・電子機器、設備などの幅広い分野で電気技術者として活躍するため、講義だけでなく実験や実習を通して、電気工学の基礎や電力系・制御系の知識を修得。
さらに、「電気主任技術者」、「電気工事士」の資格取得につながる知識・技術も学修します。

学習領域

産業分野で通じる4つの領域を学ぶ:電気機器システム(電磁エネルギー変換の理論を応用した電気機器の仕組みと設計方法を学びます。)、電子回路・物性デバイス(電気・電子機器を動かすために必要な物質の性質や電子回路を学び、デバイスへの応用力を身につけます。)、システム制御(電気機器やそれらを統合したシステムの制御に必要な知識を学びます。)、電気エネルギーシステム(あらゆる社会生活の根幹となる発電、送電などの電力システムの仕組みを学びます。)

学びのキーワード

  • インバータ
  • システム制御
  • 水素自動車
  • 蓄電池
  • 電気エネルギー
  • 電気自動車
  • 電気設備
  • 電子エレクトロニクス部品
  • 燃料電池
  • バイオマス

卒業後の進路

  • エネルギー系研究・技術者
  • 地方・国家公務員
  • 産業用機械メーカー
  • 自動車メーカー
  • 重工業
  • 鉄道会社
  • 電気工事士
  • 電機メーカー
  • 電子・電気系研究・技術者
  • 電設設計会社

4年間の流れ

電気、電子工学の技術と理論を複合的に学修。
電気技術者として幅広い分野で活躍できる技能を身につけます。

1年次

学んだままで終わらずに、常に見直して成長に活かす!
高山 滉平 さん (福岡県 博多青松高校 出身)

1年次で学ぶのは、電気工学に必要な数学、電磁気学、電気工作などの専門分野が中心ですが、福工大はそれに加え、キャリア形成の授業が充実しています。入学前に比べ、自分の解答の論理性について、さらに見直すなど「学びっぱなし」にしない振り返る習慣がつきました。将来、電気工学の分野で活躍できるようさらに専門的な理解を深めたいと思います。

基礎をしっかり固め、
電気工学の
スタートラインに立つ。

電気回路、電磁気学、電気工学といった基本分野のベースとなる数学や物理を学ぶとともに、電気工学科の4つの専門領域の基礎知識を身につけます。また、教育用ロボットの組み立て製作を通して電子部品や工具、測定器の扱いを習得する授業など、理論と実践の両面からのアプローチで基礎力を養い、2年次以降の学びの足がかりとします。

Pick Up 授業

電気工学概論

電気技術者を目指し、学修意欲を高めるきっかけに。
電気工学を構成する「電気機器関連分野」、「電気エネルギー関連分野」、「情報制御関連分野」、「半導体関連分野」4分野の話題をオムニバス形式で講義。また、講義と交互に工作演習も実施。失敗と成功体験を繰り返すことで、2年次に開講される「エンジニアリングデザインⅠ」の糧になります。

続きを読む

2年次

モノづくりへの関心と意欲が、さらに高まりました。
國武 朋佳 さん (福岡県 八女高校 出身)

1年次の時にモータを作って電気自動車を作る実習がありましたが、なかなかうまくいきませんでした。「必ず次は成功させたい」と思い、講義以外の時間も使って研究を続け、成功した時は本当に嬉しかったです。モノづくりには以前から関心がありましたが、この経験を通してさらにその思いが強くなりました。

幅広い専門領域を
横断的に学び、
未来を広げる。

電気工学科の主要4領域である電気システム、電子回路・デバイス工学、システム制御工学、電気エネルギーシステム工学を、実験や実習を中心に学びます。「電気開発エンジニアコース」では、開発者に必要な知識として電子回路の発展授業を学びます。また、プレゼンテーションや技術者倫理など、社会人として必要な知識やスキルも身につけます。

Pick Up 授業

電気基礎学実験

講義内容とリンクした初めての実験。
電気回路や電磁気学等の講義で学修した内容に対応した実験テーマになっているため、講義で学んだことを実際に確かめることができ、内容をより確実に自分のものにできます。また、実験の行い方、実験誤差、データの処理の仕方、レポートの書き方なども身につきます。

続きを読む

3年次

2年次までの各分野の学びがつながる面白さがあります!
渡邊 龍 さん (福岡県 門司学園高校 出身)

3年次では一人乗りの電気自動車を製作する授業があり、車のコンセプトから、設計・組立まで全て自分たちのグループで考えます。そこでは2年次までの各分野の学びが基礎となり、実際に組み立て、動作確認を通して理解を深めるとともに、班員とのディスカッションで自分の視野が広がります。来年は卒業研究や就職活動に向けて効率的な行動と、時間管理にも力を入れたいです。

発展的内容の修得と
総合力アップ。
資格の取得も目指す。

基礎系の科目から主要4領域の専門科目に大きくシフトし、各種実験施設も使用しながら専門的な知識やスキルを高めます。また、電気主任技術者など、電気関連の資格取得を目指した対策授業も実施します。「電気開発エンジニアコース」では、電力や制御、組み込み等に関する発展的な科目を学び、開発者としての専門性を高めます。

Pick Up 授業

電気工学実験Ⅰ・Ⅱ

電気技術者として必要な測定技術を修得。
電気機器であるモータの回転力や、発電機の発電効率などの電気的性質を実験を通して学修。電圧計や電流計などさまざまな測定器を使って測定を行い、各種測定器の使用方法まで習得できます。また、実験結果をレポートにまとめるための文書作成力やグラフ作成力も身につきます。

続きを読む

4年次

世界を変える研究に打ち込むのは楽しい。
江口 卓弥 さん (佐賀県 三養基高校 出身)

電気工学の研究発表で他大学に行く度に、福工大の設備や教授たちのレベルの高さを、改めて感じています。環境にやさしいバッテリーへの期待はますます高まります。その実現に応える研究環境がここにはあるので、大学院でも焼酎粕等の有機物を素材とする、電気二重層キャパシタ・長寿命バッテリーの研究を続けます。その実用化は、今の自分の夢です。

身につけた力
すべてを複合させ、
アウトプットする。

卒業研究を通して、自主的・計画的に技術や知識を発揮する力を身につけます。各研究室では、電気工学の技術を用いた社会の問題の解決や現象のメカニズムの解明、新素材や新技術の開発など、社会を支える個性豊かな研究を行っています。仲間とのコミュニケーションやプレゼンテーションなど、工学的な能力以外の力も必要とされる場面が多い年です。

研究テーマ例

  • 梶原研究室

    球雷に関する研究

    高電圧パルス放電により発生する空中浮遊発光体「球雷」の、発生と発光維持のメカニズムについて研究しています。

  • 辻野研究室

    メカトロニクス機器の制御

    シミュレーションから実験までを行い、メカトロニクス機器を自由に操るための制御システムを設計しています。

  • 松尾研究室

    核融合プラズマのレーザーによる可視化

    環境汚染、燃料問題を解決する夢のエネルギー「核融合」の実現のため、超高温プラズマをレーザーで診断します。

  • 白濱研究室

    次世代パワー半導体デバイスの利用技術と応用システム

    パワーエレクトロニクス応用機器の更なる省エネ化を期待できるワイドバンドギャップ素子の利用技術を開発しています。

  • 中西研究室

    液体の分子運動に関する研究

    液体が形を変えることができるのは、その分子が運動するから。そこで、電場に対する応用性からこの分子運動を研究しています。

続きを読む

研究の現場から

ゴミから、「超高速・高機能」充電池へ。

田島研究室

焼酎粕(かす)を活用した充電池の開発

焼酎づくりの絞り粕を充電池にする。芋焼酎の芋、麦焼酎の麦など大量に排出されるゴミ、絞り粕を活性炭に変えた有機物の充電池は、劣化が少なく、発熱せず、低コストで電気自動車や非常用電源への活用が期待されている。将来のエネルギー問題と環境問題を同時に解決する驚愕の開発が着々と進んでいる。

北﨑研究室

プラズマを用いた
医療、農業応用に関する研究

プラズマは多くの可能性を秘めたもの。医療応用では、細胞にプラズマを照射した際の増殖の変化を調査するとともに、プラズマ医療機器開発のための安全性の評価を実施。農業応用では、種子や植物にプラズマ照射を行い、出芽時期、成長の変化、腐敗の進行度、成分の変化について調査しています。

北川研究室

新しい
磁性材料の開発

MDなど既存の光磁気記録デバイスではレーザー熱で磁気を制御しますが、新たな光による磁気の制御だと消費電力は10万分の1に抑制できます。本研究室では主に新物質、新機能の発見・開発を行っており、その可能性は無限大です。またレアメタルの一種ネオジムを100%分離回収する方法の開発など、省資源・リサイクルの研究も行っています。

資格

電気設備関係資格の認定カリキュラムを整備し、即戦力として就業に役立つ資格取得を支援。

経済産業省が認定する「電気主任技術者」免状の認定要件を充たしたカリキュラム構成になっており、電気関連資格の取得が有利になります。

取得できる教員免許状 高等学校教諭一種(工業)
実務経験を経て取得できる資格 電気主任技術者(第1種、第2種、第3種)
取得を支援している資格 電気工事士 / 電気主任技術者(第1種、第2種、第3種)

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)

就職

電気設備関連企業を中心に、好不況に関わらず高い就職実績を誇っています。

就職率 100%
(2017年3月卒業者実績)

  • 全卒業者…………………77
  • 就職希望者…………………71
  • 就職者…………………71
  • 大学院進学者数…………………4
【就職状況】
建設業46.3%、サービス業15.9%、情報・技術サービス業13.4%、製造業11.0%、情報処理業4.9%、卸売業2.4%、公務員1.9%、運輸業1.2%、通信業1.2%、卸・小売業1.2%

就職先一覧 一部抜粋

九電工/東芝/富士通/サニックス/ジェイアール西日本新幹線テクノス/九州旅客鉄道(JR九州)/西部電気工業/中電工/富士電機/NECフィールディング/きんでん/クリハラント/ダイキンエアテクノ/パナソニックESエンジニアリング/関電工/佐電工 他

内定者メッセージ

自分自身を知ることで、
行動に自信と責任を持つようになりました。

八島 央明 さん

工学部 電気工学科 4年 (福岡県 小倉東高校)
内定先:富士電機株式会社

教授の推薦もあり、発電機などを取り扱うメーカーへの就職を決めました。履歴書の添削や面接練習などの支援のおかげで面接にも自信を持ってのぞめましたし、就職活動を機に自分を見つめ直せたことで行動に自信と責任を持てるようになったと思います。就職後は社内外のたくさんの人と関わる職種になるので、みなさんに信頼していただけるよう頑張りたいです。

海外での豊富な経験と行動力を
練習通りにアピールできました。

岡 恭佑 さん

工学部 電気工学科 4年 (大分県 大分鶴崎高校)
内定先:富士通株式会社

就職活動では就職課を利用して面接に慣れるまで何回も練習しました。本番では研究テーマである高電圧・高容量のインバータのプレゼンや、1年間の海外留学の際に、現地企業へもインターンシップ参加した経験がアピールできたと思います。内定先ではSEとして電力インフラの仕事に携わり福工大での豊富な経験を活かしたいと思っています。

教員メッセージ

モノづくりへの興味と関心を高めてくれる
一流の研究者と最先端の研究分野。

電気工学科 学科長 北川 二郎 教授

研究に熱心に取り組む一流の研究者を教員に迎えており、「電気自動車のシステム開発」「プラズマの医療・農業応用」「廃棄物を利用した蓄電池の研究」など、最先端分野の研究を通じてモノづくりへの意欲と関心を高めてくれます。予習を重視した反転講義やアクティブ・ラーニングを取り入れることで学習効果を高め、主体性の確立につなげています。

※学生の学年表記は取材時のものです。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

資料請求

オープンキャンパス

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ