{除外}

資格資格を学科から探す

各学科で取得できる・取得を支援している資格を学科から探すことが出来ます。

取得できる教員免許状

高等学校教諭一種(公民)

教職課程とは、教員免許状を取得するために教育職員免許法に定められた科目を履修する課程のことです。教員免許状を取得するためには、所属学科の進級条件・卒業要件を満たす他に、教職課程に関する科目の単位を取得しなければなりません。多くの単位取得や教育実習等が必要となりますので、しっかりとした自覚と覚悟が求められます。
なお、教職課程の履修登録は2年次4月に行いますが、履修希望者は1年次に次のことが必要となります。履修を迷っている場合は、1年次後期に開講される「教師論」を受講して判断することをお勧めします。

  1. 1年次に開講される教職課程に関する授業科目の履修
  2. 「教師論」(1年次後期)の単位取得
  3. 1年次の単位取得数40単位以上(「教師論」2単位を除く)
    (学則別表3、履修要項第35条、第36条(工・情)、第34条(社)、および教職別表)
中学校教諭一種(社会)

教職課程とは、教員免許状を取得するために教育職員免許法に定められた科目を履修する課程のことです。教員免許状を取得するためには、所属学科の進級条件・卒業要件を満たす他に、教職課程に関する科目の単位を取得しなければなりません。多くの単位取得や教育実習等が必要となりますので、しっかりとした自覚と覚悟が求められます。
なお、教職課程の履修登録は2年次4月に行いますが、履修希望者は1年次に次のことが必要となります。履修を迷っている場合は、1年次後期に開講される「教師論」を受講して判断することをお勧めします。

  1. 1年次に開講される教職課程に関する授業科目の履修
  2. 「教師論」(1年次後期)の単位取得
  3. 1年次の単位取得数40単位以上(「教師論」2単位を除く)
    (学則別表3、履修要項第35条、第36条(工・情)、第34条(社)、および教職別表)

取得を支援している資格

eco検定(環境社会検定試験)®
環境に対する幅広い知識をもち、社会の中で率先して環境問題に取り組む"人づくり"、 そして環境と経済を両立させた「持続可能な社会」を目指すのが「eco検定(環境社会検定試験)®」です。環境保全に取り組んでいる企業・団体などへの就職活動でアピールに役立ちます。
環境管理士
環境管理士は、環境を守りより良い環境へと改善・指導を行う特許庁に認証登録されている、日本で唯一の資格です。
MOS(Microsoft Office Specialist)
MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)とは、エクセルやワードなどのマイクロソフト オフィス製品の利用スキルを証明できる資格です。企業においても「仕事に役立つ実務的な能力」として注目されています。
※MOSは、エクステンションセンターでも講座を開設しています。
ビオトープ管理士
地域の自然生態系を守り取り戻すビオトープ事業・自然再生事業を効果的に推進するために必要な、知識、技術、評価・応用能力を認定する資格です。
3R・低炭素社会検定
持続可能な社会の実現のために必要な知識を共有する共に、知識を持った人(リーダー)の動きとつながりを作るべく実施されているプログラム。職場での環境関連の仕事、地域活動に役立つ資格です。
日商簿記検定
簿記の知識・能力は、職種を問わず、卒業後、企業・官庁・その他経済活動を行う組織で活動するときに必要となります。日本商工会議所主催で行われるこの検定は、その基礎的な知識・能力を問うものですが、近年、社会全般にその重要性の認識が高まっています。本学でもコンピュータの利用との関連で、学部・学科を問わず積極的に簿記を学ぶ学生も増えています。
リテールマーケティング(販売士)検定
リテールマーケティング(販売士)検定は、販売に必要な商品知識や販売技術、仕入や在庫管理、マーケティングなど、より高度で専門的な知識を持つ人材の育成を目指した内容です。
激動する流通業界で勝ち抜くための必須の資格・検定であり、「流通業界で唯一の公的資格」として社会的にも高い信頼と評価を得ています。

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)

資料請求

FIT力 磨け!自分”力” インタビュー

資格取得