情報工学部情報工学科

人とコンピュータに未来の橋を架けよう

スマートフォン、パソコン、家電、自動車など、日々進歩し続ける身の回りの製品のほとんどには情報機能が組込まれています。つまり、これから先のモノづくりに欠かせないスキル、それはハードとソフト両面を巧みに操れる情報技術です。その製品が実際の人にどのような使われ方をするのかを考えながらプログラミングできるチカラ。またその逆もあります。人とコンピュータの架け橋となり、豊かな未来社会に貢献する、それが情報工学科です。

学習領域

学びのキーワード

  • AR・MR・VR
  • CG
  • WEBアプリケーション
  • 暗号
  • 音情報処理
  • 画像処理
  • 人工知能(AI)
  • 感性工学
  • クラウドコンピューティング
  • プログラミング

卒業後の進路

  • CGエンジニア
  • ITエンジニア
  • ネットワーク技術者
  • Webエンジニア
  • ソフトウェア技術者
  • セキュリティ技術者
  • プログラマ
  • システムアドミニストレータ
  • システムエンジニア
  • セールスエンジニア

4年間の流れ

1年次

ひとつひとつの授業が、 丁寧だから 理解しやすい。 これからは 資格にも挑戦。
林 亜矢惟 さん (福岡県 筑紫女学園高校 出身)

人工知能やスマホ、パソコンなどのプログラムを学びたいと思い本学科を志望。キャリア形成授業で、AR(拡張現実)の研究をされている研究室に入ることができ感動しました。学びたかった分野の授業以外も、とても面白く興味の幅が広がっているのを感じます。将来はアニメでしか見たことのないような道具を作りたいです。やりたいことや夢が膨らみます。

情報工学を学ぶために
必要なすべてを
基本から学ぶ

情報技術すべてのベースとなる数学や物理を基礎から学び、しっかりとした土台をつくります。少人数での「情報基礎ゼミナール」をはじめ、顔の見えるゼミ形式でのきめ細かい指導によりコンピュータやネットワークなど、情報科学の学習に必要なさまざまな基本知識とスキルを身につけます。

Pick Up 授業

CプログラミングⅠ・Ⅱ

プログラミングの基礎である「C言語」を学修。
講義を通して「条件分岐」や「繰り返し」など、多くのプログラミング言語に共通の基本的な概念や、「型」や「ポインタ」など、C言語に特有の記述方法を学修。また、毎回の授業の中で実際にプログラミング演習も行い、C言語を用いたアプリケーション開発能力を身につけます。

続きを読む

2年次

学びを実践できる 工学実験がスタート。 資格取得も頑張りたい!
井上 文雅 さん (福岡県 山門高校 出身)

本学科は、ハードどソフトの両面が学ベるところが魅力。2年次からは情報工学実験の授業が始まり、ブレッドボードを使ってアナログやデジタルの回路を制作しました。先生が教えてくれる座学とは違い、分からないことを自ら調べ、グループで課顆を解決するアクティブ・ラーニング授業が増え、これまで学んだプログラミングを応用する楽しさを感じています。

ハード・ソフト
両面からのアプローチで
可能性の幅を広げる

情報技術者として必要な「情報科学」「プログラミング」「人工知能」「コンピュータ技術」の四つの専門領域を総合的に学び、幅広い知識や技術を身につけます。プログラミングや回路に関する内容もレベルアップし、制作できるものの幅も大きく広がります。また、それぞれの分野を組み合わせた総合的なアプローチも学んでいきます。

Pick Up 授業

情報工学実験Ⅱ

将来の就職の選択と活躍の場を広げる授業。
実験を通し、コンピュータと機器及びハードウェアとソフトウェアの連携技術について学修。同時に、専門的な実験機器の使い方やレポートの作成能力も鍛えます。ソフトウェアとハードウェアの基礎知識がしっかり身につく授業です。

続きを読む

3年次

学びの点と点が 線となるのを実感。 社会貢献できる 仕事へ。
緒方 将人 さん (福岡県 中間高校 出身)

問題発見型の授業が大半の1、2年次に対し、3年次は問題解決型の授業がメイン。技術者の倫理観について討論する授業では、いろんな意見を聞くことで新しい発見がたくさんありました。難関といわれる基本情報技術者試験に合格でき、大きなステップアップと自信につながりました。将来、IT分野で革命を起こせるような技術者になれるよう学修を続けます。

実験を通して
さまざまな領域を結ぶ
応用力を高める

「情報工学実験」で幅広い内容を順序立てて学び、「情報工学特別講義」ではそれらの学問がどのように関係しあっているかを理解します。各分野の学びがより具体的・専門的になるほか、さまざまな要素を組み合わせて作り上げる創造力を身につけます。選択科目も多く、それぞれが身につけたい専門領域の知識・技術を高めることができます。

Pick Up 授業

情報工学実験Ⅲ

情報処理の専門知識と応用力を身につけるための実験。
画像処理やデータベース、ネットワークなどの実験を通じ、講義で学んだ計算式やアルゴリズムがプログラムの中でどのように使われているかを確認し、その内容を理解することで、単なる記憶ではなく実際に使える知識として定着させます。

続きを読む

4年次

医療と情報工学を 結びつけた 卒業研究に 取り組んでいます!
小池 稀子 さん (佐賀県 鹿島高校 出身)

研究室で、料理レシピのコミュニティサイトのデータを使った分析・統計を行っています。WEBやホームページの作成をしたいと思って入学したのですが、授業や研究を通じて、アクセスデータなどを集積して分析するのが好きなことに気づきました。卒論のテーマもその方向で取り組んでいます。地元のデータセンターヘの就職も内定し、望む道へ歩み出すことができました。

学んできた知識や
スキルを結集し
研究に取り組む

3年間で学んできた情報科学の幅広い知識やスキルをつなぎ合わせ、最新の情報機器設備や実験設備を活用しながら卒業研究に取り組みます。各研究室では、情報処理の基礎研究から技術を組み合わせておこなう応用研究、情報に関する教育法の開発まで、幅広い学問領域を活かしたバリエーション豊かな研究テーマを設けています。

研究テーマ例

  • 前田研究室

    人工知能の数理的アプローチによる研究

    群知能、進化計算、機械学習、量子コンピュータ科学、ディープラーニング等の研究を行っています。

  • 宮田研究室

    計算科学のための高速高精度アルゴリズムの研究

    コンピュータシミュレーションに欠かせない、速く正確な計算方法を研究しています。

  • 相良研究室

    不正アクセス通知システムの研究開発

    世界中から多くの攻撃や不正アクセスを受けているコンピュータの状況を、人に伝えるシステムを開発しています。

  • 徐研究室

    Webデータベース技術

    Amazon等の通販サイトのように商品情報をデータベースで管理し、サイトプログラミングでWebページを動的に作成します。

  • 柴田研究室

    プログラミング教育に関する研究

    人工言語であるプログラミング言語を、楽しみながら修得するための研究を行っています。

続きを読む

研究の現場から

数理的観点から、脳の可能性に向き合う

山口研究室

脳型情報処理の研究

記憶表現・情報処理機能などさまざまな脳のメカニズムを、数理モデルを用いてコンピュータ上に再現。人間に近い「脳の使い方」ができる人工知能など、発展の可能性を秘めています。認知症など脳が関係する問題に、情報や数理の観点から考察を加えることで、新たな糸口になるのではと、今後の研究に期待が寄せられています。

家永研究室

今よりも暮らしやすい、生きやすい
と感じることができる未来のために

日常のさまざまな場面で人間をサポートするシステム等について研究しています。例えば、視覚情報を使わなくてもプログラミングの初歩を学べるロボットを開発することで視覚障がいのある人もない人も全く同じ教材で学べるようにしました。このような研究で、情報通信やロポット関連の技術が人間の「生きやすさ」に貢献できる可能性や具体例を多く提示していきます。

戸田研究室

ビッグテータの山から宝を探す
高品質ソフトウェア開発に役立てる

ソフトウェアリポジトリマイニングとは、ビッグデータの山からの宝探しをするようなもの。ソフトウェア開発の過程では膨大な量のデータが作成・蓄積されています。例えばその中のバグ情報などから「バッドスメル」、危ないニオイのするデータを集めて開発中のソフトウェアに警告を発したり、改善手法の提案をしたりすることでソフトウェアの品質と開発者スキルの向上に貢献できるようになります。

資格

情報分野の就職に有用な資格取得を積極的に支援

情報工学部共同で四つの資格講座を開講するなど、
情報分野での就業に有用な資格取得を支援しています。

取得できる教員免許状 高等学校教諭一種(数学、情報) / 中学校教諭一種(数学)
取得を支援している資格 応用情報技術者試験 /
ITパスポート / 基本情報技術者試験 / 情報セキュリティマネジメント /
LinuC (Linux Professional Certification) /
CCNA(Cisco Certified Network Associate)

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)
※上表の資格は2018年度実績であり、2019年度は変更になる場合があります。

就職

就職率 100%

(2019年3月卒業者実績)

 
  • 全卒業者………………130
  • 就職希望者………………119
  • 就職者………………119
  • 大学院進学者数…………………5
【就職状況】

⟨ 就職先一覧 過去3年実績 ⟩ 一部抜粋

※順不同 ※法人名称はすべて略称 ※企業名は採用時のものです

チームラポ/デル/富士ソフト/福岡銀行/西日本シテイ銀行/NECフィールディング/日立システムズ/NTTデータNCB/サイバーコム/GMOインターネット/日本郵便/伊藤忠テクノソリコーションズ/日本システムウエア/NSD/Minoriソリューションズ/エイチーム/セラク/デイー・エヌ・エー/WDB工学

内定者メッセージ

現場で役立つ新しい技術を学べたことが
就職活動の強みになりました。

竹下 剛生 さん

情報工学部 情報工学科 4年 (福岡県 福岡中央高校)
内定先:NECネッツエスアイ株式会社

 

C言語によるプログラミング制作を基礎から応用まで深く学んでいたことが強い自信になりました。卒業生の就職先をはじめ、多くの企業とつながっている本学。「就職に強い」と聞いていた通り手厚いサポートに助けていただきました。東京オリンピックの交通インフラに関わるプロジェクトを手がけられるよう、さらに成長していきたいです。

内定への道を支えてくれたのは
多様なグループ実験で培った能力。

原 菜月 さん

情報工学部 情報工学科 4年 (福岡県 つくば開成福岡高校)
内定先:三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社

チームで課題に向き合う情報工学実験。多くの実験を通して、チーム内でどんな役割を果たすべきかを判断し、柔軟に対応して成果を上げる能力を培いました。おかげで集団面接やデイスカッションではリーダー役、サポーター役など臨機応変に対応できました。この能力をさらに磨き、将来はプロジェクトマネージャーを目指します。

教員メッセージ

興味や知識を役立つカタチへ結ぶ
ICTの幅広い学び。

情報工学科 学科長 種田 和正 教授

今やICTはあらゆるモノに活用される時代。本学科ではICTの基礎を幅広く学べる特徴があり、多彩な授業や個性豊かな先生方も魅力です。大切なのは「知識を役立つ何かに紐づけるチカラ」。2年次からはプロジェクト型演習など知識をカタチにする学びもできるので、勉強だけでなく趣味など自分の興味を入口に、ICTを広く学んで将来のカタチに紐づけてほしいと思います。

※学生の学年表記は取材時のものです。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ